スタッフブログ

29日(肉の日)なので、筋肉の話を(^^)/ 2015/10/29

IMG_5159

皆さまこんにちは。
446(ヨシム)吉村です。

今回は29日(肉の日)ということで、トレーニングをしたことがない方にこそお聞きしてほしい、私のこだわり聞いてください。

いきなりですが、私はトレーニングが大好きです(^^)

元々、運動は好きだけど運動音痴で小学生の時にクラスで1人だけ逆上がりができなかった経験があります。

そんな私が、ひょんなことからハマった筋トレ。

17歳の時に地元の小さなスポーツクラブに入会し、はじめはよく分からないままに重たい重りを使って、反動をバンバン使ってトレーニングチックなことをしていました。

そこで1人のトレーナーさんに出会ったのです。

その当時、40代男性、細身、少し色黒のトレーナーさんでしたが、当時の私は「あの人より俺の方がゴツいな!」と凄まじい勘違い。
※当時、体重75キロ、体脂肪率25%の私でしたが、とてつもない勘違いも若気の至りということでお許しください。

そして、自分では「トレーニングしているから!」と思っているので、食後にポテチ、まんじゅう、洋菓子と何でも食べます。

トレーニング機械を使う=ムキムキになる

と思っていたので、5分トレーニングしたら気分はビルパール!やフランクゼーン!
(思い出すと、自分でもとてつもなく情けなく面白いです)

そんなある日、ガリガリだと思っていた40代色黒男性トレーナーが休憩中にトレーニングに来ました。

勘違い真っ最中の私は、「ふふふ、、、どんなトレーニングするのか見てやろう」と超上から目線。
※若気の至りということでお許しください。

しかし、ウォーミングアップを終えた、その方を見た瞬間に私は衝撃を受けたのです!

いま思えば、ガリガリじゃなくて、バリバリ。

細いんじゃなくて絞れてる。

「なんなんあれ!??」
「マジか!!」
「ヤバっ!!!」

‥当時、小声で口に出して言ってしまったことを覚えています。

恥ずかしいm(__)m

その瞬間から、私はそのトレーナーに質問攻め!

「この体なんですか?」
「何してはるんですか?」
「なんで服着てる時と違うんですか?」
「体重何キロですか?」
「どうすればなれますか?」

今、自分がボディビル競技をやっている感覚としては、確かに凄い体ですが、そこまで興奮しないよな。という感じです。

しかし、当時17歳の私は興奮しっぱなし!

ボディビルのボの字しか知らなかった私にとっては、写真で見るのと実物のギャップに驚きと衝撃と感動しかありませんでした。

その日から、私はことある毎に、そのトレーナーに質問攻めでトレーニングを教えてもらいました。

その当時の仕事が新聞配達だったため、昼間にトレーニングができて、ジムも空いていたので手取り足取り教えてもらいました(^^)

■重りよりも、まずはフォームから
■効かすポイント、効き方を感覚で掴んで
■タンパク質をしっかり摂って

と。
※ちなみに、ここではじめてプロテインという単語と出会いました。

まさに、このスポーツクラブで出会ったトレーナーの方が私を大のトレーニング好きにさせてくれたんですね。

うーん、今思うと良い出会いだったなぁ(*^_^*)

…と、こんな私でもトレーニングが大好きになったので、トレーニングしたことがない方も安心してご来館くださいね。

お待ちしております(^^)/

加圧/パーソナル会員様のご予約はこちら047-403-2755
各コースのご予約はこちらから
BLOGS
スタッフブログ
食べて元気に!栄養管理士 ヨーコの健康ごはんレシピ
筋トレ塾長日記
ADVISOR
テクニカル池田佐和子-公式HP

29日(肉の日)なので、筋肉の話を(^^)/ 2015/10/29

IMG_5159

皆さまこんにちは。
446(ヨシム)吉村です。

今回は29日(肉の日)ということで、トレーニングをしたことがない方にこそお聞きしてほしい、私のこだわり聞いてください。

いきなりですが、私はトレーニングが大好きです(^^)

元々、運動は好きだけど運動音痴で小学生の時にクラスで1人だけ逆上がりができなかった経験があります。

そんな私が、ひょんなことからハマった筋トレ。

17歳の時に地元の小さなスポーツクラブに入会し、はじめはよく分からないままに重たい重りを使って、反動をバンバン使ってトレーニングチックなことをしていました。

そこで1人のトレーナーさんに出会ったのです。

その当時、40代男性、細身、少し色黒のトレーナーさんでしたが、当時の私は「あの人より俺の方がゴツいな!」と凄まじい勘違い。
※当時、体重75キロ、体脂肪率25%の私でしたが、とてつもない勘違いも若気の至りということでお許しください。

そして、自分では「トレーニングしているから!」と思っているので、食後にポテチ、まんじゅう、洋菓子と何でも食べます。

トレーニング機械を使う=ムキムキになる

と思っていたので、5分トレーニングしたら気分はビルパール!やフランクゼーン!
(思い出すと、自分でもとてつもなく情けなく面白いです)

そんなある日、ガリガリだと思っていた40代色黒男性トレーナーが休憩中にトレーニングに来ました。

勘違い真っ最中の私は、「ふふふ、、、どんなトレーニングするのか見てやろう」と超上から目線。
※若気の至りということでお許しください。

しかし、ウォーミングアップを終えた、その方を見た瞬間に私は衝撃を受けたのです!

いま思えば、ガリガリじゃなくて、バリバリ。

細いんじゃなくて絞れてる。

「なんなんあれ!??」
「マジか!!」
「ヤバっ!!!」

‥当時、小声で口に出して言ってしまったことを覚えています。

恥ずかしいm(__)m

その瞬間から、私はそのトレーナーに質問攻め!

「この体なんですか?」
「何してはるんですか?」
「なんで服着てる時と違うんですか?」
「体重何キロですか?」
「どうすればなれますか?」

今、自分がボディビル競技をやっている感覚としては、確かに凄い体ですが、そこまで興奮しないよな。という感じです。

しかし、当時17歳の私は興奮しっぱなし!

ボディビルのボの字しか知らなかった私にとっては、写真で見るのと実物のギャップに驚きと衝撃と感動しかありませんでした。

その日から、私はことある毎に、そのトレーナーに質問攻めでトレーニングを教えてもらいました。

その当時の仕事が新聞配達だったため、昼間にトレーニングができて、ジムも空いていたので手取り足取り教えてもらいました(^^)

■重りよりも、まずはフォームから
■効かすポイント、効き方を感覚で掴んで
■タンパク質をしっかり摂って

と。
※ちなみに、ここではじめてプロテインという単語と出会いました。

まさに、このスポーツクラブで出会ったトレーナーの方が私を大のトレーニング好きにさせてくれたんですね。

うーん、今思うと良い出会いだったなぁ(*^_^*)

…と、こんな私でもトレーニングが大好きになったので、トレーニングしたことがない方も安心してご来館くださいね。

お待ちしております(^^)/