スタッフブログ

食中毒にご注意ください 2016/07/06

d

皆さん、こんにちは。
ランニング好き鍼灸師・プレミアムフィットネス京成大久保トレーナーの丸山です。

今回の水曜ブログは、食中毒についてお伝えします。

食中毒は、通年で起こりうるものですが、細菌が原因となる食中毒は夏場(6月~8月)にかけて多く発生しています。

食中毒は、腹痛や下痢、嘔吐などの症状を起こしますが、飲食店などでの食事だけでなく、家庭での食事でも発生しています。

次の3つの原則を守り、食中毒を防ぎましょう。

3つの原則は

1、つけない

2、増やさない

3、やっつける

です。

1、つけない
食中毒の原因菌やウイルスを食べ物につかないように、必ず手や調理器具を洗いましょう。

2、増やさない
細菌の多くは高温多湿な換気で増殖が活発になります。

10℃以下では増殖がゆっくりになり、-15℃以下では増殖が停止します。

食品は低温で保存しましょう。

3、やっつける
ほとんどの細菌やウイルスは加熱によって死滅します。

特に肉料理は中心まで十分加熱しましょう。

調理器具に熱湯をかけるのも効果的です。

ご家庭での食中毒は十分予防が可能です。

日頃から、つけない、増やさない、やっつけるを意識して予防しましょう。

今回もお読みいただきありがとうございました。

丸山

加圧/パーソナル会員様のご予約はこちら047-403-2755
各コースのご予約はこちらから
BLOGS
スタッフブログ
食べて元気に!栄養管理士 ヨーコの健康ごはんレシピ
筋トレ塾長日記
ADVISOR
テクニカル池田佐和子-公式HP

食中毒にご注意ください 2016/07/06

d

皆さん、こんにちは。
ランニング好き鍼灸師・プレミアムフィットネス京成大久保トレーナーの丸山です。

今回の水曜ブログは、食中毒についてお伝えします。

食中毒は、通年で起こりうるものですが、細菌が原因となる食中毒は夏場(6月~8月)にかけて多く発生しています。

食中毒は、腹痛や下痢、嘔吐などの症状を起こしますが、飲食店などでの食事だけでなく、家庭での食事でも発生しています。

次の3つの原則を守り、食中毒を防ぎましょう。

3つの原則は

1、つけない

2、増やさない

3、やっつける

です。

1、つけない
食中毒の原因菌やウイルスを食べ物につかないように、必ず手や調理器具を洗いましょう。

2、増やさない
細菌の多くは高温多湿な換気で増殖が活発になります。

10℃以下では増殖がゆっくりになり、-15℃以下では増殖が停止します。

食品は低温で保存しましょう。

3、やっつける
ほとんどの細菌やウイルスは加熱によって死滅します。

特に肉料理は中心まで十分加熱しましょう。

調理器具に熱湯をかけるのも効果的です。

ご家庭での食中毒は十分予防が可能です。

日頃から、つけない、増やさない、やっつけるを意識して予防しましょう。

今回もお読みいただきありがとうございました。

丸山