スタッフブログ

障害者に関するマーク その1 2018/01/10(水)

image1

皆さん、こんにちは。
ランニング好き鍼灸師・プレミアムフィットネス京成大久保トレーナーの丸山です。

昨年、ユニバーサルマナー検定という高齢者の方や障害者の方への向き合い方を学びました。

その中で、普段よく見かけるけど、どのような内容のマークなのか、わかっていそうで、よくわかっていないものをシェアさせていただこうと思います。

今回は、名称「障害者のための国際シンボルマーク」です。

障害者が利用できる建物、施設であることを明確に表すための世界共通のシンボルマークです。

僕自身わかっていなかったのですが、このマークは、車椅子を利用する障害者を限定しているものではなく、「全ての障害者を対象」としています。

駐車場などで見かけることが多いと思いますが、車椅子でなくても障害者用の駐車場を利用されますので、見かけたらご配慮をお願いをします。

次回は、「身体障害者標識」(身体障害者マーク)についてお伝えする予定です。

今回もお読みいただきありがとうございました。

丸山

加圧/パーソナル会員様のご予約はこちら047-403-2755
各コースのご予約はこちらから
BLOGS
スタッフブログ
食べて元気に!栄養管理士 ヨーコの健康ごはんレシピ
筋トレ塾長日記
ADVISOR
テクニカル池田佐和子-公式HP

障害者に関するマーク その1 2018/01/10(水)

image1

皆さん、こんにちは。
ランニング好き鍼灸師・プレミアムフィットネス京成大久保トレーナーの丸山です。

昨年、ユニバーサルマナー検定という高齢者の方や障害者の方への向き合い方を学びました。

その中で、普段よく見かけるけど、どのような内容のマークなのか、わかっていそうで、よくわかっていないものをシェアさせていただこうと思います。

今回は、名称「障害者のための国際シンボルマーク」です。

障害者が利用できる建物、施設であることを明確に表すための世界共通のシンボルマークです。

僕自身わかっていなかったのですが、このマークは、車椅子を利用する障害者を限定しているものではなく、「全ての障害者を対象」としています。

駐車場などで見かけることが多いと思いますが、車椅子でなくても障害者用の駐車場を利用されますので、見かけたらご配慮をお願いをします。

次回は、「身体障害者標識」(身体障害者マーク)についてお伝えする予定です。

今回もお読みいただきありがとうございました。

丸山