スタッフブログ

喫煙の影響について 2015/06/03

kitsuenjo_mark.png

 

皆さん、こんにちは。 

ランニング好き鍼灸師・プレミアムフィットネス京成大久保トレーナー丸山です。 

 

今回の水曜ブログは、喫煙の影響についてお伝えしたいと思います。 

 

 先日、5  31 日が世界禁煙デーということもあり、改めて喫煙の影響を調べて、かなり簡単にではありますがまとめてみました。 

 

喫煙の影響は、喫煙者本人と、ニコチンやタールなどの有害物質が含まれている煙を周りが吸ってしまう、受動喫煙の影響があります。 

 

喫煙者本人は、ほぼすべての臓器が害を受け、健康に影響を及ぼし、 がん・循環器疾患・呼吸器疾患・生殖器疾患・そのほか多くの疾患について、喫煙により引き起こされてると考えられています。 

 

また、受動喫煙では、目やのどに痛みが出たり、長期的には、がん・脳卒中・心筋梗塞のリスクが高まり、動脈硬化や呼吸器にも影響が出るという報告があります。 

 

喫煙の影響は、すぐというよりは、長期的に健康状態に影響を与えることが多いため、過小評価されやすいと言われています。 

 

現在、喫煙されている方もいらっしゃると思いますが、この禁煙デーを喫煙による影響を考えるいい機会にしていただければと思います。 

 

詳しくは、 http://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/tobacco (厚生労働省の喫煙に関するサイト)とご覧ください。 

 

今回もお読みいただきありがとうございました。

 

丸山

 

加圧/パーソナル会員様のご予約はこちら047-403-2755
各コースのご予約はこちらから
BLOGS
スタッフブログ
食べて元気に!栄養管理士 ヨーコの健康ごはんレシピ
筋トレ塾長日記
ADVISOR
テクニカル池田佐和子-公式HP

喫煙の影響について 2015/06/03

kitsuenjo_mark.png

 

皆さん、こんにちは。 

ランニング好き鍼灸師・プレミアムフィットネス京成大久保トレーナー丸山です。 

 

今回の水曜ブログは、喫煙の影響についてお伝えしたいと思います。 

 

 先日、5  31 日が世界禁煙デーということもあり、改めて喫煙の影響を調べて、かなり簡単にではありますがまとめてみました。 

 

喫煙の影響は、喫煙者本人と、ニコチンやタールなどの有害物質が含まれている煙を周りが吸ってしまう、受動喫煙の影響があります。 

 

喫煙者本人は、ほぼすべての臓器が害を受け、健康に影響を及ぼし、 がん・循環器疾患・呼吸器疾患・生殖器疾患・そのほか多くの疾患について、喫煙により引き起こされてると考えられています。 

 

また、受動喫煙では、目やのどに痛みが出たり、長期的には、がん・脳卒中・心筋梗塞のリスクが高まり、動脈硬化や呼吸器にも影響が出るという報告があります。 

 

喫煙の影響は、すぐというよりは、長期的に健康状態に影響を与えることが多いため、過小評価されやすいと言われています。 

 

現在、喫煙されている方もいらっしゃると思いますが、この禁煙デーを喫煙による影響を考えるいい機会にしていただければと思います。 

 

詳しくは、 http://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/tobacco (厚生労働省の喫煙に関するサイト)とご覧ください。 

 

今回もお読みいただきありがとうございました。

 

丸山

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>