スタッフブログ

加湿でインフルエンザ対策 2016/11/18

image1

皆さん、こんにちは。
ランニング好き鍼灸師・プレミアムフィットネス京成大久保トレーナーの丸山です。

もうすでに、インフルエンザ流行のニュースも耳にするようになりました。

皆さんは、何か対策を取られていますか?

うがい、手洗い、マスク、アルコール消毒、加湿、食事など、色々な対策がありますが、今回は加湿での対策についてお伝えしようと思います。

インフルエンザウイルスは低温・低湿を好み、活発に空気中を動きまわります。

部屋を適切な湿度に保つことにより、①ウイルスの生存率を下げ、②喉や気管支の粘膜を保護してくれます。

これが、加湿の効果です。

部屋の湿度が50%前後目安に保つのがいいようです。

加湿器があれば簡単ですが、ない場合でも、対策は可能です。

洗濯物や濡れたタオルを部屋に干したり、霧吹きで水を撒く、風呂場の扉を開けておくだけでも、加湿することができます。

インフルエンザはとても感染力が強く、毎年、1000万人くらいが感染しています。

できる対策を取り、感染しないようにしていきましょう。

今回もお読みいただきありがとうございました。

丸山

加圧/パーソナル会員様のご予約はこちら047-403-2755
各コースのご予約はこちらから
BLOGS
スタッフブログ
食べて元気に!栄養管理士 ヨーコの健康ごはんレシピ
筋トレ塾長日記
ADVISOR
テクニカル池田佐和子-公式HP

加湿でインフルエンザ対策 2016/11/18

image1

皆さん、こんにちは。
ランニング好き鍼灸師・プレミアムフィットネス京成大久保トレーナーの丸山です。

もうすでに、インフルエンザ流行のニュースも耳にするようになりました。

皆さんは、何か対策を取られていますか?

うがい、手洗い、マスク、アルコール消毒、加湿、食事など、色々な対策がありますが、今回は加湿での対策についてお伝えしようと思います。

インフルエンザウイルスは低温・低湿を好み、活発に空気中を動きまわります。

部屋を適切な湿度に保つことにより、①ウイルスの生存率を下げ、②喉や気管支の粘膜を保護してくれます。

これが、加湿の効果です。

部屋の湿度が50%前後目安に保つのがいいようです。

加湿器があれば簡単ですが、ない場合でも、対策は可能です。

洗濯物や濡れたタオルを部屋に干したり、霧吹きで水を撒く、風呂場の扉を開けておくだけでも、加湿することができます。

インフルエンザはとても感染力が強く、毎年、1000万人くらいが感染しています。

できる対策を取り、感染しないようにしていきましょう。

今回もお読みいただきありがとうございました。

丸山