スタッフブログ

人生を棒に振らないために 2015/12/23

mburo

皆さん、こんにちは。
ランニング好き鍼灸師・プレミアムフィットネス京成大久保トレーナーの丸山です。

今回の水曜ブログは、「人生を棒に振らないために」、ということで、この時期に特に気をつけたいアルコール(飲酒)と運転のお話しです。

僕自身、仕事でも車を運転することがあります。

この時期は毎年のように飲酒運転の事故が増えることから、アルコール(飲酒)と運転について調べてみました。

飲酒して運転をすると、運転能力・判断能力が低下して危険だということは皆さん誰もがご存知だと思います。

では、どれくらいの量で影響が出ると思いますか?

答えは、ほんの少しでも、です。

当たり前だと突っ込んでいただけるといいのですが、自分の感覚では酔ってないから大丈夫だと運転してしまうドライバーがいるのも、また事実です。

アルコールが吸収され脳に達するには時間(数十分)がかかります。

食べ物と一緒にアルコールをとると、さらに時間がかかります。

もし酔った感覚がなくても、時間とともに必ず影響がありますし、飲酒してるときの感覚はあてにならないことも忘れないでください。

また、酒気帯び運転の基準値から見てみると、1単位と言われる量(ビール中びん1本・日本酒1合・焼酎0.6合)で、酒気帯び運転の基準値を超えてしまいます。

酒気帯び運転の基準を超えてしまうということは、それだけ危険な、状態ということです。

個人差はありますが、目安として1単位のアルコールが体内から消えるまで3時間、2単位だと6時間、3単位だと9時間と、量により時間がかかります。

飲酒した量により、翌日まで影響が残ることも十分考えられますので、飲みすぎた日の翌日運転も気をつけなければなりません。

年末年始はお酒を飲む機会が多くなると思います。

せっかくの楽しい機会が人生を棒に振る機会にならないように、翌日以降の影響も考え、お酒の量を調整していただければと思います。

今回もお読みいただきありがとうございました。

丸山

加圧/パーソナル会員様のご予約はこちら047-403-2755
各コースのご予約はこちらから
BLOGS
スタッフブログ
筋トレ塾長日記

人生を棒に振らないために 2015/12/23

mburo

皆さん、こんにちは。
ランニング好き鍼灸師・プレミアムフィットネス京成大久保トレーナーの丸山です。

今回の水曜ブログは、「人生を棒に振らないために」、ということで、この時期に特に気をつけたいアルコール(飲酒)と運転のお話しです。

僕自身、仕事でも車を運転することがあります。

この時期は毎年のように飲酒運転の事故が増えることから、アルコール(飲酒)と運転について調べてみました。

飲酒して運転をすると、運転能力・判断能力が低下して危険だということは皆さん誰もがご存知だと思います。

では、どれくらいの量で影響が出ると思いますか?

答えは、ほんの少しでも、です。

当たり前だと突っ込んでいただけるといいのですが、自分の感覚では酔ってないから大丈夫だと運転してしまうドライバーがいるのも、また事実です。

アルコールが吸収され脳に達するには時間(数十分)がかかります。

食べ物と一緒にアルコールをとると、さらに時間がかかります。

もし酔った感覚がなくても、時間とともに必ず影響がありますし、飲酒してるときの感覚はあてにならないことも忘れないでください。

また、酒気帯び運転の基準値から見てみると、1単位と言われる量(ビール中びん1本・日本酒1合・焼酎0.6合)で、酒気帯び運転の基準値を超えてしまいます。

酒気帯び運転の基準を超えてしまうということは、それだけ危険な、状態ということです。

個人差はありますが、目安として1単位のアルコールが体内から消えるまで3時間、2単位だと6時間、3単位だと9時間と、量により時間がかかります。

飲酒した量により、翌日まで影響が残ることも十分考えられますので、飲みすぎた日の翌日運転も気をつけなければなりません。

年末年始はお酒を飲む機会が多くなると思います。

せっかくの楽しい機会が人生を棒に振る機会にならないように、翌日以降の影響も考え、お酒の量を調整していただければと思います。

今回もお読みいただきありがとうございました。

丸山