スタッフブログ

ユニバーサルマナー検定 その2 2017/12/20

tfh

皆さん、こんにちは。
ランニング好き鍼灸師・プレミアムフィットネス京成大久保トレーナーの丸山です。

今回の水曜ブログは、先週の水曜ブログに書かせていただいた「ユニバーサルマナー検定」について、その2をお伝えします。

今回は、受講しました3級について。

「多様な方々に向き合い、声をかけられる人になる」

この3級は、高齢者や障害者への基本的な向き合い方やお声がけを学びます。

具体的な学習内容は

1、ユニバーサルマナーとは
2、高齢者や障害者への向き合い方
3、どんな人がどんなことに困るのか?
4、各種マークの名称と意味
5、困った時のお声がけ方法

などです。

講義75分・グループワーク45分の合計2時間。

ハードは変えられなくても、私たち一人ひとりのハートは今すぐに変えられる。

講義の中でも話しがありましたが、日本は駅のエレベーター設置率が78%と、アメリカの48%と比べても高く、ハード面は世界的に見てもトップクラスだそうです。

その一方で、「意識」の面では遅れを取っている、高齢者や障害者への向き合い方がわからない人が多いようです。

私自身も実際そうでしたし、今もまだ変化の途中です。

受講して、一番大切と感じたことは、とにかく声をかけること。

「無関心」にも、「お節介」にもならないために、まず、できるお手伝いがないか聞くことの大切さを感じました。

研修は実行してこそ意味があると思います。

この気持ち・意識を忘れずに、自然に声かけができるようにしていきたいです。

ユニバーサルマナー検定3級のページです。

ぜひ、ご覧下さい。

http://www.universal-manners.jp/curriculum/3rd/

今回もお読みいただきありがとうございました。

丸山

加圧/パーソナル会員様のご予約はこちら047-403-2755
各コースのご予約はこちらから
BLOGS
スタッフブログ
筋トレ塾長日記

ユニバーサルマナー検定 その2 2017/12/20

tfh

皆さん、こんにちは。
ランニング好き鍼灸師・プレミアムフィットネス京成大久保トレーナーの丸山です。

今回の水曜ブログは、先週の水曜ブログに書かせていただいた「ユニバーサルマナー検定」について、その2をお伝えします。

今回は、受講しました3級について。

「多様な方々に向き合い、声をかけられる人になる」

この3級は、高齢者や障害者への基本的な向き合い方やお声がけを学びます。

具体的な学習内容は

1、ユニバーサルマナーとは
2、高齢者や障害者への向き合い方
3、どんな人がどんなことに困るのか?
4、各種マークの名称と意味
5、困った時のお声がけ方法

などです。

講義75分・グループワーク45分の合計2時間。

ハードは変えられなくても、私たち一人ひとりのハートは今すぐに変えられる。

講義の中でも話しがありましたが、日本は駅のエレベーター設置率が78%と、アメリカの48%と比べても高く、ハード面は世界的に見てもトップクラスだそうです。

その一方で、「意識」の面では遅れを取っている、高齢者や障害者への向き合い方がわからない人が多いようです。

私自身も実際そうでしたし、今もまだ変化の途中です。

受講して、一番大切と感じたことは、とにかく声をかけること。

「無関心」にも、「お節介」にもならないために、まず、できるお手伝いがないか聞くことの大切さを感じました。

研修は実行してこそ意味があると思います。

この気持ち・意識を忘れずに、自然に声かけができるようにしていきたいです。

ユニバーサルマナー検定3級のページです。

ぜひ、ご覧下さい。

http://www.universal-manners.jp/curriculum/3rd/

今回もお読みいただきありがとうございました。

丸山