スタッフブログ

ウルトラマラソンのスペシャリスト 2015/05/27

20150525_221446.jpg

 

 

皆さん、こんにちは。

ランニング好き鍼灸師・プレミアムフィットネス京成大久保トレーナー丸山です。

 

今回の水曜ブログは、私が来月参加するサロマ湖100kmウルトラマラソンのスペシャリストについてお伝えしたいと思います。

 

サロマ湖100kmウルトラマラソンのスペシャリスト、その名を「サロマンブルー」と言います。

 

「サロマンブルー」とは、サロマ湖100kmウルトラマラソンを10回以上完走したランナーに贈られる称号です。

 

完走タイムは関係なく、10回以上、制限時間13時間以内に完走すればいいのですが、10年以上ウルトラマラソンを走り続けること自体、本当に凄いことだと思います。

 

私にとってはレジェンド的な存在です。

 

10回以上完走して「サロマンブルー」として登録をすると、さまざまな特典があります。

 

まず、大会のフィニッシュ地点に自分の足形のプレートが飾られます。

 

そして、「サロマンブルー」オリジナルのポロシャツがもらえたり、大会参加時のゼッケンが青色になり、大会中にどの人が「サロマンブルー」の方なのかはっきりわかります。

 

毎年完走しても10年は最低かかりますが、「サロマンブルー」を目指して参加し続ける方も多いと思いのではないでしょうか。

 

ちなみに、私は現在6回完走なので、最低あと4年かかります。

 

今年で大会は30回目の開催になりますが、2007年(第22回)の大会から、20回以上完走したランナーへ「グランドブルー」という称号が贈られるようになっています。

 

まだ人数も多くなく、レジェンド中のレジェンドという感じです。

 

どんなことでも、続けること、結果を出していくことは、本当に凄いことだと思います。

 

私自身も、少しでも近づけるように頑張っていきたいと思います。

 

今回お読みいただきありがとうございました。

 

丸山

加圧/パーソナル会員様のご予約はこちら047-403-2755
各コースのご予約はこちらから
BLOGS
スタッフブログ
食べて元気に!栄養管理士 ヨーコの健康ごはんレシピ
筋トレ塾長日記
ADVISOR
テクニカル池田佐和子-公式HP

ウルトラマラソンのスペシャリスト 2015/05/27

20150525_221446.jpg

 

 

皆さん、こんにちは。

ランニング好き鍼灸師・プレミアムフィットネス京成大久保トレーナー丸山です。

 

今回の水曜ブログは、私が来月参加するサロマ湖100kmウルトラマラソンのスペシャリストについてお伝えしたいと思います。

 

サロマ湖100kmウルトラマラソンのスペシャリスト、その名を「サロマンブルー」と言います。

 

「サロマンブルー」とは、サロマ湖100kmウルトラマラソンを10回以上完走したランナーに贈られる称号です。

 

完走タイムは関係なく、10回以上、制限時間13時間以内に完走すればいいのですが、10年以上ウルトラマラソンを走り続けること自体、本当に凄いことだと思います。

 

私にとってはレジェンド的な存在です。

 

10回以上完走して「サロマンブルー」として登録をすると、さまざまな特典があります。

 

まず、大会のフィニッシュ地点に自分の足形のプレートが飾られます。

 

そして、「サロマンブルー」オリジナルのポロシャツがもらえたり、大会参加時のゼッケンが青色になり、大会中にどの人が「サロマンブルー」の方なのかはっきりわかります。

 

毎年完走しても10年は最低かかりますが、「サロマンブルー」を目指して参加し続ける方も多いと思いのではないでしょうか。

 

ちなみに、私は現在6回完走なので、最低あと4年かかります。

 

今年で大会は30回目の開催になりますが、2007年(第22回)の大会から、20回以上完走したランナーへ「グランドブルー」という称号が贈られるようになっています。

 

まだ人数も多くなく、レジェンド中のレジェンドという感じです。

 

どんなことでも、続けること、結果を出していくことは、本当に凄いことだと思います。

 

私自身も、少しでも近づけるように頑張っていきたいと思います。

 

今回お読みいただきありがとうございました。

 

丸山

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>