関口貴夫の筋トレ塾長日記

サムレスorサムアラウンド

こんにちは!関口です。

今日は朝トレーニングで背中を20分で追い込み、コルチゾルのレベルを下げてスッキリです。

背中といえばバーベルやダンベルをどう握るか…つまり「どの指でひっかけるか?」 は個々の好みが分かれるところではないでしょうか。

おそらく教科書的にはサムレスグリップ(5本指が同じ方向の握り)が一般的で、最近は大手クラブでもいわゆる初心者オリエンテーションなどではそんなサムレスグリップで背中のマシンを紹介するところも多いと思われます。

しかし、私自身で言えば昔からサムレスよりもサムアラウンド、つまり自然な形でしっかり握った方が背中に効かせやすくて力も入ります。

また、背中の筋群と神経支配のつながりがあるとされている小指、薬指でひっかけるよりも、私の場合は何故か人差し指と中指なんです。

ですから背中のトレーニングでは隠れキリシタンならぬ隠れサムアラウンド状態で何年もやり過ごしていたのですが、最近は「サムアラウンドでしっかり握った方が自然な動き」 と言われる識者の方もいらっしゃるので、「そうなんですよね!!」 と、同調したい私です(笑)。

どちらがいいかはやってみないと分からないですが、よりフィーリングの良いグリップを見つけながら行なうのもまた楽しいものです。

※日によっても握りのフィーリングは違いますしね。

ハードトレーニーの方々は実際のところどうなのか、機会があれば聞いてみたいところです。

まあ、サムアラウンド推しと言ってる私の背中の発達が今ひとつなのが説得力に欠けるところではありますが、そこは目をつぶってくださいね。 

加圧/パーソナル会員様のご予約はこちら047-403-2755
各コースのご予約はこちらから
BLOGS
スタッフブログ
食べて元気に!栄養管理士 ヨーコの健康ごはんレシピ
筋トレ塾長日記
ADVISOR
テクニカル池田佐和子-公式HP

サムレスorサムアラウンド

こんにちは!関口です。

今日は朝トレーニングで背中を20分で追い込み、コルチゾルのレベルを下げてスッキリです。

背中といえばバーベルやダンベルをどう握るか…つまり「どの指でひっかけるか?」 は個々の好みが分かれるところではないでしょうか。

おそらく教科書的にはサムレスグリップ(5本指が同じ方向の握り)が一般的で、最近は大手クラブでもいわゆる初心者オリエンテーションなどではそんなサムレスグリップで背中のマシンを紹介するところも多いと思われます。

しかし、私自身で言えば昔からサムレスよりもサムアラウンド、つまり自然な形でしっかり握った方が背中に効かせやすくて力も入ります。

また、背中の筋群と神経支配のつながりがあるとされている小指、薬指でひっかけるよりも、私の場合は何故か人差し指と中指なんです。

ですから背中のトレーニングでは隠れキリシタンならぬ隠れサムアラウンド状態で何年もやり過ごしていたのですが、最近は「サムアラウンドでしっかり握った方が自然な動き」 と言われる識者の方もいらっしゃるので、「そうなんですよね!!」 と、同調したい私です(笑)。

どちらがいいかはやってみないと分からないですが、よりフィーリングの良いグリップを見つけながら行なうのもまた楽しいものです。

※日によっても握りのフィーリングは違いますしね。

ハードトレーニーの方々は実際のところどうなのか、機会があれば聞いてみたいところです。

まあ、サムアラウンド推しと言ってる私の背中の発達が今ひとつなのが説得力に欠けるところではありますが、そこは目をつぶってくださいね。