関口貴夫の筋トレ塾長日記

日曜はトレーニングの話でも

こんにちは!関口です。

本日は日曜日という事でトレーニングの話でも聞いてください。

昨夜は週に一度の脚トレーニングの日。スクワットを頑張りました。

最近は通常のバーベルスクワットをやり込んでから徐々に重さを下げていき、100キロ位からはフロントスクワットに切り替えて行なっています。

高重量を担ぐなら通常のスクワットですが、大腿の全面に強い刺激を入れるならやはりフロントスクワットに勝るものはありません。

特に足幅狭めでベッタリしゃがみ込んだ時の腿が焼け付く感覚はマニアにはたまりませんよね(笑)!? 

さて、スクワットで意外と重要なのがバーを担ぐ位置だと思うのですが、フロントスクワットの場合にも同様で、私の場合は喉仏の真下にバーベルを挟み込みつつ両肘を跳ね上げる感じだと収まりが良いです。

ちょっとしたポイントでフィーリングが変わってしまうのがバーベル、ダンベルなどフリーウェイトトレーニングの特徴ですが、その日そのセットの中で一番フィーリングの良いポイントをアップの段階で探りながら、最高のトレーニングを行なってくださいね!!

加圧/パーソナル会員様のご予約はこちら047-403-2755
各コースのご予約はこちらから
BLOGS
スタッフブログ
食べて元気に!栄養管理士 ヨーコの健康ごはんレシピ
筋トレ塾長日記
ADVISOR
テクニカル池田佐和子-公式HP

日曜はトレーニングの話でも

こんにちは!関口です。

本日は日曜日という事でトレーニングの話でも聞いてください。

昨夜は週に一度の脚トレーニングの日。スクワットを頑張りました。

最近は通常のバーベルスクワットをやり込んでから徐々に重さを下げていき、100キロ位からはフロントスクワットに切り替えて行なっています。

高重量を担ぐなら通常のスクワットですが、大腿の全面に強い刺激を入れるならやはりフロントスクワットに勝るものはありません。

特に足幅狭めでベッタリしゃがみ込んだ時の腿が焼け付く感覚はマニアにはたまりませんよね(笑)!? 

さて、スクワットで意外と重要なのがバーを担ぐ位置だと思うのですが、フロントスクワットの場合にも同様で、私の場合は喉仏の真下にバーベルを挟み込みつつ両肘を跳ね上げる感じだと収まりが良いです。

ちょっとしたポイントでフィーリングが変わってしまうのがバーベル、ダンベルなどフリーウェイトトレーニングの特徴ですが、その日そのセットの中で一番フィーリングの良いポイントをアップの段階で探りながら、最高のトレーニングを行なってくださいね!!