関口貴夫の筋トレ塾長日記

入れてますか?カバンに事業計画書。 2015/3/29

keikaku.jpg

こんにちは!関口です。

「前もって準備しておけばその先の展開が一気に加速するのに、肝心な時に準備していない」

…みたいな事ってありますよね。

フィットネスクラブ運営で言えばチラシやウェブの作成なんかが分かりやすい例で、事前に「こんな内容で~」というモノを用意して業者さんに見せればその先の話はサクサクと進みますが、意外と多いのが業者さんを前にしてはじめて「え~と…どうしたらいいですかね?」なんて話し出しているパターン。

これでは遅い+仕上がりも不安ですよね。

業者さんにしてみれば依頼者の考えている事なんか分かる訳ないんですから、予め伝えたいイメージを例え手書きイラストレベルでも備えておかないと。

事前の準備で大半は決まりますからね!!

…と、そんな準備大好きな私が独立したいとお考えの同業トレーナーさんに対して「事前に準備しておけば良いのにな…」と常々感じるのが「事業計画書」です。

なぜかといいますと、「独立したい」「起業したい」と考えている方は大抵憧れの社長さんだったり、目標とする起業家さんがいるもので、たまにお酒なんかをご一緒させて頂く機会があるかと思いますが、そのような場ではほぼ100%の確率で「どんな事業をやりたいの?」という話になります(よね?)。

そこで、「いやぁ、私はこうこう~」とほろ酔いで気持ちよく夢をしゃべるだけでは大きすぎる機会損失。

もしもその時、カバンの中に手書きレベルでも「事業計画書」があったなら、先の展開はガラリと変わるはずなんです。

実際に私自身も事業計画書をカバンに忍ばせ、尊敬する社長さんや憧れの起業家さんとお会いした際には頃合いを見計らって「あの、実は事業計画書を持ってきたのですがお目通し頂けませんか?」なんて言っていた時期がありましたが、そんな私に対して社長さんから怪訝な顔をされたり面倒くさがられた事は一度もなく、むしろ私が思っていた以上に真剣に大真面目に聞いてくださる場合がほとんどでした。

「信頼する方の頭脳と経験則のフィルターを通じて自分の事業計画を磨き上げてもらう」なんていうのは贅沢な時間ですから、千載一遇のタイミングを逃さないためにも事業計画は「話」だけではなくて「書」で用意しないと。

そのような訳ですから、大事な人と会う時はカバンに事業計画書を忍ばせておくといいと思いますよ。

あ、いらぬ心配ですが私に見せても何もアドバイスできませんからね(笑)

加圧/パーソナル会員様のご予約はこちら047-403-2755
各コースのご予約はこちらから
BLOGS
スタッフブログ
筋トレ塾長日記

入れてますか?カバンに事業計画書。 2015/3/29

keikaku.jpg

こんにちは!関口です。

「前もって準備しておけばその先の展開が一気に加速するのに、肝心な時に準備していない」

…みたいな事ってありますよね。

フィットネスクラブ運営で言えばチラシやウェブの作成なんかが分かりやすい例で、事前に「こんな内容で~」というモノを用意して業者さんに見せればその先の話はサクサクと進みますが、意外と多いのが業者さんを前にしてはじめて「え~と…どうしたらいいですかね?」なんて話し出しているパターン。

これでは遅い+仕上がりも不安ですよね。

業者さんにしてみれば依頼者の考えている事なんか分かる訳ないんですから、予め伝えたいイメージを例え手書きイラストレベルでも備えておかないと。

事前の準備で大半は決まりますからね!!

…と、そんな準備大好きな私が独立したいとお考えの同業トレーナーさんに対して「事前に準備しておけば良いのにな…」と常々感じるのが「事業計画書」です。

なぜかといいますと、「独立したい」「起業したい」と考えている方は大抵憧れの社長さんだったり、目標とする起業家さんがいるもので、たまにお酒なんかをご一緒させて頂く機会があるかと思いますが、そのような場ではほぼ100%の確率で「どんな事業をやりたいの?」という話になります(よね?)。

そこで、「いやぁ、私はこうこう~」とほろ酔いで気持ちよく夢をしゃべるだけでは大きすぎる機会損失。

もしもその時、カバンの中に手書きレベルでも「事業計画書」があったなら、先の展開はガラリと変わるはずなんです。

実際に私自身も事業計画書をカバンに忍ばせ、尊敬する社長さんや憧れの起業家さんとお会いした際には頃合いを見計らって「あの、実は事業計画書を持ってきたのですがお目通し頂けませんか?」なんて言っていた時期がありましたが、そんな私に対して社長さんから怪訝な顔をされたり面倒くさがられた事は一度もなく、むしろ私が思っていた以上に真剣に大真面目に聞いてくださる場合がほとんどでした。

「信頼する方の頭脳と経験則のフィルターを通じて自分の事業計画を磨き上げてもらう」なんていうのは贅沢な時間ですから、千載一遇のタイミングを逃さないためにも事業計画は「話」だけではなくて「書」で用意しないと。

そのような訳ですから、大事な人と会う時はカバンに事業計画書を忍ばせておくといいと思いますよ。

あ、いらぬ心配ですが私に見せても何もアドバイスできませんからね(笑)