関口貴夫の筋トレ塾長日記

ブーイングより拍手! 2015/3/8

asdfg.jpg

こんにちは!関口です。

「人は減点されつづけると、動けなくなる」

…という話をご存知ですか。

最近読んだ本に書いてあった話なのですが、まず小学校の教室で生徒たちの中から「鬼」を一人決めて一度廊下に出てもらい、教室にいる生徒たちが鬼に対して「黒板消しを手に取る」「先生と握手をする」などのミッションを決め、その後教室に戻った鬼がそのミッションを当て、行動ができるかどうか…という内容のゲームをしてもらうのですが、手掛かりがなければミッションを当てようがないので、鬼以外の生徒がヒントを出し、そのヒントを基に鬼はミッションを当てていきます。

ただし、このヒントの出し方は2つの方法があり、その出し方によって結果が「180度」変わるのだそうです。

ヒントの出し方をAパターン、Bパターンとすると、

Aパターン…鬼がミッションに近い行動をするたびに周りが拍手して称えます。「黒板消しを取る」ミッションなら黒板に一歩近づいたら拍手、もう一歩近づいたら更に大きな拍手~という感じ。

Bパターン…鬼が間違った行動をした時にブーイングをします。鬼が黒板から離れたら「ブー!」黒板と反対を向いたら「ブー!ブー!」~という感じ。

AもBも鬼がミッションを達成できるように周りが手伝っていますが、結果はどうなったのでしょうか。

何となくお分かりかと思いますが、Aは試行錯誤しながら正解にたどり着きます。

しかしBは動くたびに「ブー!」と言われ続け、かなりの確率で棒立ちになり動けなくなるそうです。

Bパターンが続いたら私だってチャレンジする気持ちがなくなっちゃうよなぁ…と、何だか恐い話だと思いました。

要するに「減点思考がいかにマイナスか」という話なのですが、人に対してだけではなく、自分自身に対しても「良い行動をしたら拍手」する習慣を持とうと思いました。

今日は以上です。

加圧/パーソナル会員様のご予約はこちら047-403-2755
各コースのご予約はこちらから
BLOGS
スタッフブログ
筋トレ塾長日記

ブーイングより拍手! 2015/3/8

asdfg.jpg

こんにちは!関口です。

「人は減点されつづけると、動けなくなる」

…という話をご存知ですか。

最近読んだ本に書いてあった話なのですが、まず小学校の教室で生徒たちの中から「鬼」を一人決めて一度廊下に出てもらい、教室にいる生徒たちが鬼に対して「黒板消しを手に取る」「先生と握手をする」などのミッションを決め、その後教室に戻った鬼がそのミッションを当て、行動ができるかどうか…という内容のゲームをしてもらうのですが、手掛かりがなければミッションを当てようがないので、鬼以外の生徒がヒントを出し、そのヒントを基に鬼はミッションを当てていきます。

ただし、このヒントの出し方は2つの方法があり、その出し方によって結果が「180度」変わるのだそうです。

ヒントの出し方をAパターン、Bパターンとすると、

Aパターン…鬼がミッションに近い行動をするたびに周りが拍手して称えます。「黒板消しを取る」ミッションなら黒板に一歩近づいたら拍手、もう一歩近づいたら更に大きな拍手~という感じ。

Bパターン…鬼が間違った行動をした時にブーイングをします。鬼が黒板から離れたら「ブー!」黒板と反対を向いたら「ブー!ブー!」~という感じ。

AもBも鬼がミッションを達成できるように周りが手伝っていますが、結果はどうなったのでしょうか。

何となくお分かりかと思いますが、Aは試行錯誤しながら正解にたどり着きます。

しかしBは動くたびに「ブー!」と言われ続け、かなりの確率で棒立ちになり動けなくなるそうです。

Bパターンが続いたら私だってチャレンジする気持ちがなくなっちゃうよなぁ…と、何だか恐い話だと思いました。

要するに「減点思考がいかにマイナスか」という話なのですが、人に対してだけではなく、自分自身に対しても「良い行動をしたら拍手」する習慣を持とうと思いました。

今日は以上です。