関口貴夫の筋トレ塾長日記

圧迫感があり顔がテカっているイメージ、それは私です(笑) 2015/6/26

kokoro

こんにちは!Dr.筋トレ塾塾長の関口です。
昨日は縁あって他業種の経営者が多く集まるグループコンサルセミナーに参加させて頂きました。

基本的に私は「コンサルを生業としている人=安全地帯からの評論家」という固定概念があり、特に初対面のコンサルタントの方と話す場合はシレ―とした顔をしながらも「絶対に論破されないように」「言い負けないように(出来れば勝つ)」「コンサルタントにリアルビジネスの痛みや泥臭さが分かってたまるか~」みたいな感じで身構えながら話します。

ですから私は心の底から信頼している人でないと話を素直に聞けないタイプなのですが、それも良しと思いつつ「でも何でこんなに気難しいんだろう??」という自分に対する疑問があったのですが、昨日その理由が少し分かったんです。

グループコンサル中、ふとした事から「人間のタイプ論」の話になりまして、講師の方の説明によりますと、人の心は2重構造になっていて、「本当の自分」の周りに「外から見える性格」があるという事でした。

で、「本当の自分の弱い部分が出ないように、外から見える性格で膨らませている」…と。

そんな人間のタイプは「ふわふわ」「子供」「博士」「格闘家」「芸術家」「奇人」の6つに分類され、日本人の7割は「ふわふわ」「子供」に当てはまるという事でした。

で、ですよ。
講師の方が「実は今日は1人、もの凄く典型的な格闘家がいます」という話になり、案の定それは私なのでした。

格闘家タイプは勝ち負けに強く拘るのが特徴で、見た目の印象は上半身に圧力があり、全体は四角い印象で、熱気や圧迫感を放ち、更に顔はテカっているイメージという事でした(*ノωノ)

格闘家は勝っている時はいいけれど、負けが込むと自棄を起こしやすいので注意が必要という事と、何故か人と話していても勝ち負けにこだわってしまうのだそうです。。。

う~ん、図星。
実際、「コンサルに論破されてなるものか!」とか思っていましたからね。

しかし実はそんな格闘家タイプが起業家には一番多く、また向いているという事で、嬉し恥ずかしな話なのでした。

で、面白いのはこの気質は人格のステージが上がると変化していくそうで、具体的には「本当の自分」と「外から見える性格」の差が少なくなると良い変化が起こってくるようです。

良質の自己開示を続け、弱さもさらけ出す勇気を持つという事でしょうか。

そんな訳で学び多き1日となりました。

今日は以上です。

加圧/パーソナル会員様のご予約はこちら047-403-2755
各コースのご予約はこちらから
BLOGS
スタッフブログ
食べて元気に!栄養管理士 ヨーコの健康ごはんレシピ
筋トレ塾長日記
ADVISOR
テクニカル池田佐和子-公式HP

圧迫感があり顔がテカっているイメージ、それは私です(笑) 2015/6/26

kokoro

こんにちは!Dr.筋トレ塾塾長の関口です。
昨日は縁あって他業種の経営者が多く集まるグループコンサルセミナーに参加させて頂きました。

基本的に私は「コンサルを生業としている人=安全地帯からの評論家」という固定概念があり、特に初対面のコンサルタントの方と話す場合はシレ―とした顔をしながらも「絶対に論破されないように」「言い負けないように(出来れば勝つ)」「コンサルタントにリアルビジネスの痛みや泥臭さが分かってたまるか~」みたいな感じで身構えながら話します。

ですから私は心の底から信頼している人でないと話を素直に聞けないタイプなのですが、それも良しと思いつつ「でも何でこんなに気難しいんだろう??」という自分に対する疑問があったのですが、昨日その理由が少し分かったんです。

グループコンサル中、ふとした事から「人間のタイプ論」の話になりまして、講師の方の説明によりますと、人の心は2重構造になっていて、「本当の自分」の周りに「外から見える性格」があるという事でした。

で、「本当の自分の弱い部分が出ないように、外から見える性格で膨らませている」…と。

そんな人間のタイプは「ふわふわ」「子供」「博士」「格闘家」「芸術家」「奇人」の6つに分類され、日本人の7割は「ふわふわ」「子供」に当てはまるという事でした。

で、ですよ。
講師の方が「実は今日は1人、もの凄く典型的な格闘家がいます」という話になり、案の定それは私なのでした。

格闘家タイプは勝ち負けに強く拘るのが特徴で、見た目の印象は上半身に圧力があり、全体は四角い印象で、熱気や圧迫感を放ち、更に顔はテカっているイメージという事でした(*ノωノ)

格闘家は勝っている時はいいけれど、負けが込むと自棄を起こしやすいので注意が必要という事と、何故か人と話していても勝ち負けにこだわってしまうのだそうです。。。

う~ん、図星。
実際、「コンサルに論破されてなるものか!」とか思っていましたからね。

しかし実はそんな格闘家タイプが起業家には一番多く、また向いているという事で、嬉し恥ずかしな話なのでした。

で、面白いのはこの気質は人格のステージが上がると変化していくそうで、具体的には「本当の自分」と「外から見える性格」の差が少なくなると良い変化が起こってくるようです。

良質の自己開示を続け、弱さもさらけ出す勇気を持つという事でしょうか。

そんな訳で学び多き1日となりました。

今日は以上です。