関口貴夫の筋トレ塾長日記

負けを転がす 2016/10/29

20161028_233207

こんにちは!関口です。

先日の北区オープンボディビルコンテストではマスターズ、一般の部と共に入賞されたマッスル齊藤さんとは対称的に、ヨシム吉村は予選落ちで終了してしまい、完全に明暗が分かれました。

実は齊藤さんをボディビルの世界に誘い、ポーズやルールをはじめボディビルの魅力を少しずつ伝えていったのは他ならぬヨシムなので、先日の北区はある意味でコーチ(ヨシム)とお客さま(齊藤さん)との直接対決。「コーチとして齊藤さんに負けたらカッコ悪いよ~」とヨシムとは事前に話していたのですが、結果的にはスコーンと完敗し、軽く追い越されたかたちとなりました。

「負けても笑って次に向かえるのがヨシムの魅力」
…ではあるのですが、さすがに私も今回は少しばかり掛ける言葉が見つからない気持ちになりました。

「よかったよ!」「次があるよ!」

など安っぽい気休めは意味ないと思いつつ、逆に「絞りも大きさもアピールもポージングも全部今一つだった」と傷に塩を塗り込むのはあんまりだし(笑)…と思っていたとろ、最近読んだ本の中に「いい表現だな」というフレーズを見つけました。

格闘家の青木真也選手の著書「空気を読んではいけない」の中の「負けを転がせ」というくだりです。

青木選手といえば今やシンガポールを拠点として総合格闘技でアジアナンバーワンのファイトマネーを叩き出す押しも押されぬトップ選手ですが、そんな青木選手のベスト試合は「あの」失神KO負けを喰らった長嶋☆自演乙☆雄一郎選手との一戦なのだそうです。

私もこの試合は凄いインパクトだったので今でも覚えているのですが、確か2010年大晦日の試合で、1ラウンド目はキックルール、2ラウンド目は総合ルールと進めていく特別ルールになっていて、1ラウンド目のキックルールは立ち技専門の長嶋選手が圧倒的に有利でしたが、ゴングが鳴ると青木選手がドロップキックをしたり、寝転がったり組み付いたりとなりふり構わない時間稼ぎで1ラウンド3分を凌ぎます。
2ラウンド目は総合ルールとなり、世界トップクラスの寝技師青木選手の勝ちは確定したようなものですから、「これで終わった」という空気が会場に流れた刹那、開始早々タックルにいった青木選手の顔面に長嶋選手の膝蹴りがバコーンとものの見事に入り失神KO負けになったあの試合です。

この試合のインパクトは物凄く、本によれば「今でも世間一般でいうあの青木真也の「あの」はこの長嶋選手との一戦を指している」という事ですが、しかしこの試合おかげでその後世間一般に青木真也を知られるようになった。だから「あの」を持っている選手のほうが価値があると。

その時はキツイが、最終的には負けを勝ちに出来る~といった事が書かれていました。

ヨシムの「あの」は今年の北区という事で、来年まで負けを転がしましょ。

加圧/パーソナル会員様のご予約はこちら047-403-2755
各コースのご予約はこちらから
BLOGS
スタッフブログ
食べて元気に!栄養管理士 ヨーコの健康ごはんレシピ
筋トレ塾長日記
ADVISOR
テクニカル池田佐和子-公式HP

負けを転がす 2016/10/29

20161028_233207

こんにちは!関口です。

先日の北区オープンボディビルコンテストではマスターズ、一般の部と共に入賞されたマッスル齊藤さんとは対称的に、ヨシム吉村は予選落ちで終了してしまい、完全に明暗が分かれました。

実は齊藤さんをボディビルの世界に誘い、ポーズやルールをはじめボディビルの魅力を少しずつ伝えていったのは他ならぬヨシムなので、先日の北区はある意味でコーチ(ヨシム)とお客さま(齊藤さん)との直接対決。「コーチとして齊藤さんに負けたらカッコ悪いよ~」とヨシムとは事前に話していたのですが、結果的にはスコーンと完敗し、軽く追い越されたかたちとなりました。

「負けても笑って次に向かえるのがヨシムの魅力」
…ではあるのですが、さすがに私も今回は少しばかり掛ける言葉が見つからない気持ちになりました。

「よかったよ!」「次があるよ!」

など安っぽい気休めは意味ないと思いつつ、逆に「絞りも大きさもアピールもポージングも全部今一つだった」と傷に塩を塗り込むのはあんまりだし(笑)…と思っていたとろ、最近読んだ本の中に「いい表現だな」というフレーズを見つけました。

格闘家の青木真也選手の著書「空気を読んではいけない」の中の「負けを転がせ」というくだりです。

青木選手といえば今やシンガポールを拠点として総合格闘技でアジアナンバーワンのファイトマネーを叩き出す押しも押されぬトップ選手ですが、そんな青木選手のベスト試合は「あの」失神KO負けを喰らった長嶋☆自演乙☆雄一郎選手との一戦なのだそうです。

私もこの試合は凄いインパクトだったので今でも覚えているのですが、確か2010年大晦日の試合で、1ラウンド目はキックルール、2ラウンド目は総合ルールと進めていく特別ルールになっていて、1ラウンド目のキックルールは立ち技専門の長嶋選手が圧倒的に有利でしたが、ゴングが鳴ると青木選手がドロップキックをしたり、寝転がったり組み付いたりとなりふり構わない時間稼ぎで1ラウンド3分を凌ぎます。
2ラウンド目は総合ルールとなり、世界トップクラスの寝技師青木選手の勝ちは確定したようなものですから、「これで終わった」という空気が会場に流れた刹那、開始早々タックルにいった青木選手の顔面に長嶋選手の膝蹴りがバコーンとものの見事に入り失神KO負けになったあの試合です。

この試合のインパクトは物凄く、本によれば「今でも世間一般でいうあの青木真也の「あの」はこの長嶋選手との一戦を指している」という事ですが、しかしこの試合おかげでその後世間一般に青木真也を知られるようになった。だから「あの」を持っている選手のほうが価値があると。

その時はキツイが、最終的には負けを勝ちに出来る~といった事が書かれていました。

ヨシムの「あの」は今年の北区という事で、来年まで負けを転がしましょ。