関口貴夫の筋トレ塾長日記

端くれとして矜持を持って… 2016/6/30

こんにちは!関口です。

先日、ポージング練習を終えた後、コーチをお願いしている近藤さんと思わず話し込んだ話題があるのですが、最近「筋肉をつけるためにはプールで泳いだり歩くだけでは不十分、やはり筋トレが必要だ」とか「筋トレ後はプロテインやアミノ酸がいいらしい。出来れば糖分も一緒に摂るのがが効果的」みたいなことがテレビで流れていたり新聞記事になったりしますよね。

で、この手の健康情報は昔からありましたが、最近は特に「筋トレ」がひとつのキーワードになっていますよね。

サルコペニアに伴うQOL(生活の質)の低下や健康寿命(何歳まで健康でいられるか)と平均寿命(何歳まで生きるか)の差を考えれば、やはり「筋トレ」を正しく啓蒙普及していく必要がありますし、他方で芸人さんのボディビル競技参加などで盛り上がっている面もあるかもしれません。

正しい筋トレ方法や効果的な栄養摂取やタイミング等が紹介されるのは良い事です。

…が、近藤さんと私が思わず「うむむ」と唸ったのは「筋トレの重要性」や「トレ後はプロテイン+糖」などの話は今から15年以上前から知っていたし言っていたしやっていたよね…という事です。

しかし、当時フィットネス業界にいた人達からはそういったボディビルダーの知識や経験則は「そんなのマニアック過ぎ。一般人には意味ない」みたいな扱いでクサいモノに蓋状態だったんですよね。。。
※少なくとも私のまわりは。

だからボディビル競技に出た事のある方ならば、最近出て来る健康情報を見聞きした時に「え?今になってそれを声高に言うの!?」みたいな感覚になってしまうのはご理解頂けるのではないでしょうか。

情報の発信力とか影響力とか実行力とか色々考えさせられましたが、何にしても我々ボディビルダーの知っている事、普通にやっている事が世に出た時に「価値あるコト、モノ」として認知されるかどうかは完全に私次第だと思いました。

私は別にボディビルダー代表でもなんでもないのですが(笑)、ハシクレの一人として矜持を持ってこれに取り組んでいきたいと思います。

加圧/パーソナル会員様のご予約はこちら047-403-2755
各コースのご予約はこちらから
BLOGS
スタッフブログ
筋トレ塾長日記

端くれとして矜持を持って… 2016/6/30

こんにちは!関口です。

先日、ポージング練習を終えた後、コーチをお願いしている近藤さんと思わず話し込んだ話題があるのですが、最近「筋肉をつけるためにはプールで泳いだり歩くだけでは不十分、やはり筋トレが必要だ」とか「筋トレ後はプロテインやアミノ酸がいいらしい。出来れば糖分も一緒に摂るのがが効果的」みたいなことがテレビで流れていたり新聞記事になったりしますよね。

で、この手の健康情報は昔からありましたが、最近は特に「筋トレ」がひとつのキーワードになっていますよね。

サルコペニアに伴うQOL(生活の質)の低下や健康寿命(何歳まで健康でいられるか)と平均寿命(何歳まで生きるか)の差を考えれば、やはり「筋トレ」を正しく啓蒙普及していく必要がありますし、他方で芸人さんのボディビル競技参加などで盛り上がっている面もあるかもしれません。

正しい筋トレ方法や効果的な栄養摂取やタイミング等が紹介されるのは良い事です。

…が、近藤さんと私が思わず「うむむ」と唸ったのは「筋トレの重要性」や「トレ後はプロテイン+糖」などの話は今から15年以上前から知っていたし言っていたしやっていたよね…という事です。

しかし、当時フィットネス業界にいた人達からはそういったボディビルダーの知識や経験則は「そんなのマニアック過ぎ。一般人には意味ない」みたいな扱いでクサいモノに蓋状態だったんですよね。。。
※少なくとも私のまわりは。

だからボディビル競技に出た事のある方ならば、最近出て来る健康情報を見聞きした時に「え?今になってそれを声高に言うの!?」みたいな感覚になってしまうのはご理解頂けるのではないでしょうか。

情報の発信力とか影響力とか実行力とか色々考えさせられましたが、何にしても我々ボディビルダーの知っている事、普通にやっている事が世に出た時に「価値あるコト、モノ」として認知されるかどうかは完全に私次第だと思いました。

私は別にボディビルダー代表でもなんでもないのですが(笑)、ハシクレの一人として矜持を持ってこれに取り組んでいきたいと思います。