関口貴夫の筋トレ塾長日記

私はストレッチ派。あなたは? 2016/3/15

こんにちは!関口です。

自分の本当の「身の丈」ってどのくらいか分かりますか?

「身の丈で勝負」
「身の丈で十分」
「身の丈の生活」

…など、身の丈という言葉は割と身近に出てきます。
でも実際のところ、「身の丈」なんて誰にも分からないんじゃないでしょうかね。

何故こんな話をしているのかといいますと、私はジムをオープンして3ヶ月目くらいの時、「売上相当ヤバい…このままじゃ1年持つかな…」という暗黒の時期?があったのですが、そんな時は「起業なんか身の丈に合っていなかったのかも」と心のどこかで泣きを入れていました。

実際に、
「テナントが広すぎる(高すぎる)。身の丈に合ってない」
「身の丈に合わせて個人でマンションの一室からスタートすればよかったのに」
なんて言われた事も少なからずありました。

でも、優しいお客さまに助けられ、低空飛行ながら何とか3年生き残って思うのは、個人事業主ではなく法人としてスタートして、安いマンションの一室ではなく広いテナントに入ったからこそ崖っぷち感が出て、素敵な方々とも出会えて、思考も行動もフルストレッチがかかったんじゃなかな、という事です。

例えば私達も3年前に小さなマンションの一室を借りて「パーソナルトレーニング専門スタジオ~」といって活動する事も可能だった訳ですが、小さなマンションで始めたら最後、その後は上(革新)にも横(拡大)にも下(深掘り)にも進めないような気がしたんです。

だから例え小さなマンションからのスタートが「私の身の丈」と言われても、それはやりませんでした。
※考え方の違いなので「マンションがダメ」と言っている訳ではありません。念のため。

「やりたい事がある」という前提で、その規模感、スケールは「最初は身の丈(だと思う小さな規模)に合わせる」なのか、それとも「最初からちょっと無理してストレッチしてみる」なのか、これば人によって意見が分かれるところでしょう。

「身の丈」と「ストレッチ」がトレードオフだった場合、どちらに寄せていきますか(^.^)??

加圧/パーソナル会員様のご予約はこちら047-403-2755
各コースのご予約はこちらから
BLOGS
スタッフブログ
筋トレ塾長日記

私はストレッチ派。あなたは? 2016/3/15

こんにちは!関口です。

自分の本当の「身の丈」ってどのくらいか分かりますか?

「身の丈で勝負」
「身の丈で十分」
「身の丈の生活」

…など、身の丈という言葉は割と身近に出てきます。
でも実際のところ、「身の丈」なんて誰にも分からないんじゃないでしょうかね。

何故こんな話をしているのかといいますと、私はジムをオープンして3ヶ月目くらいの時、「売上相当ヤバい…このままじゃ1年持つかな…」という暗黒の時期?があったのですが、そんな時は「起業なんか身の丈に合っていなかったのかも」と心のどこかで泣きを入れていました。

実際に、
「テナントが広すぎる(高すぎる)。身の丈に合ってない」
「身の丈に合わせて個人でマンションの一室からスタートすればよかったのに」
なんて言われた事も少なからずありました。

でも、優しいお客さまに助けられ、低空飛行ながら何とか3年生き残って思うのは、個人事業主ではなく法人としてスタートして、安いマンションの一室ではなく広いテナントに入ったからこそ崖っぷち感が出て、素敵な方々とも出会えて、思考も行動もフルストレッチがかかったんじゃなかな、という事です。

例えば私達も3年前に小さなマンションの一室を借りて「パーソナルトレーニング専門スタジオ~」といって活動する事も可能だった訳ですが、小さなマンションで始めたら最後、その後は上(革新)にも横(拡大)にも下(深掘り)にも進めないような気がしたんです。

だから例え小さなマンションからのスタートが「私の身の丈」と言われても、それはやりませんでした。
※考え方の違いなので「マンションがダメ」と言っている訳ではありません。念のため。

「やりたい事がある」という前提で、その規模感、スケールは「最初は身の丈(だと思う小さな規模)に合わせる」なのか、それとも「最初からちょっと無理してストレッチしてみる」なのか、これば人によって意見が分かれるところでしょう。

「身の丈」と「ストレッチ」がトレードオフだった場合、どちらに寄せていきますか(^.^)??