関口貴夫の筋トレ塾長日記

感染動機 2016/6/23

446髪

こんにちは!関口です。
先日本を読んでいたら「いいな!」という表現がありました。

物事を学ぶ理由について書かれていたのですが、その本によると動機には以下の3つがあるそうなんです。

まずひとつは『競争動機』と呼ばれるもので、例えば周りの子とテストの点数を競い合う、人よりも高い偏差値の学校に合格したいと思って受験勉強するといったものです。

そしてもうひとつは『理解動機』と呼ばれるもので「自分の力で問題が解けた」とか「考えをうまく説明出来た」と感じる喜びの事です。

戦後の日本教育というの主にこの2つに集中して議論がなされてきた…という事ですが、実はもうひとつ大切な動機があり、それは『感染動機』と呼ばれ、例えば直感でスゴイ!と思う人がいて、その人の傍に行くと感染してしまい、思わず身振りや手振りや話し方まで真似してしまうというものです。

「プレミアムフットネスのヨシム」が「武装戦線の村田将五」みたいな髪型にしたいと言っているのと同様に(笑)、「憧れのあの人のように…!!」みたいな感じですね。

私が特にいいなと思ったのは「競争動機と理解動機だけの学びで先に進むと、砂粒のような知識の断片が集まりがちだが、感染動機なら知識を本当に血肉化できる」という一節です。

感染動機で学び続けるためにはやはり「人物」と出会う必要がありますね!!

今日は以上です。

加圧/パーソナル会員様のご予約はこちら047-403-2755
各コースのご予約はこちらから
BLOGS
スタッフブログ
筋トレ塾長日記

感染動機 2016/6/23

446髪

こんにちは!関口です。
先日本を読んでいたら「いいな!」という表現がありました。

物事を学ぶ理由について書かれていたのですが、その本によると動機には以下の3つがあるそうなんです。

まずひとつは『競争動機』と呼ばれるもので、例えば周りの子とテストの点数を競い合う、人よりも高い偏差値の学校に合格したいと思って受験勉強するといったものです。

そしてもうひとつは『理解動機』と呼ばれるもので「自分の力で問題が解けた」とか「考えをうまく説明出来た」と感じる喜びの事です。

戦後の日本教育というの主にこの2つに集中して議論がなされてきた…という事ですが、実はもうひとつ大切な動機があり、それは『感染動機』と呼ばれ、例えば直感でスゴイ!と思う人がいて、その人の傍に行くと感染してしまい、思わず身振りや手振りや話し方まで真似してしまうというものです。

「プレミアムフットネスのヨシム」が「武装戦線の村田将五」みたいな髪型にしたいと言っているのと同様に(笑)、「憧れのあの人のように…!!」みたいな感じですね。

私が特にいいなと思ったのは「競争動機と理解動機だけの学びで先に進むと、砂粒のような知識の断片が集まりがちだが、感染動機なら知識を本当に血肉化できる」という一節です。

感染動機で学び続けるためにはやはり「人物」と出会う必要がありますね!!

今日は以上です。