関口貴夫の筋トレ塾長日記

切ない40歳… 2015/7/21

こんにちは!関口です。

先日、ネットを見ていて思わず唸ってしまうフレーズがありました。

そのフレーズとは、「職業人は社会に出てから二度死ぬ。一度目は何者でもない自分というものを受け入れる過程で。そして二度目は40歳の声を聞く中年となった頃、やはり自分は何者にもなれず人生を終えるのだという事を受け入れる過程で」…というものです。

このフレーズは「僕が18年勤めた会社を辞めた時、後悔した12のこと」という本の中から抜粋したようなので早速注文したのですが、私はこの一部分だけでかなり心に響いてしまい、「確かにそうだよな…」と、何だか切ない気持ちになりました(;_:)

若かりし頃は「自分は選ばれし特別な存在」と根拠のない自信を持っている時期が少なからずありますもんね。
一括りにはできませんが、私の場合は学生時代にその傾向がありました(笑)

しかし会社に勤め始めるとすぐに勘違いに気がつき、「自分は特別な存在なんかではない」と嫌でも気がついてしまいますが、これは自助努力によって自分の伸びしろを最大に伸ばせばいい訳ですので、ある意味で可能性は無限大。
ですから早く「何者でもない自分」に気がついて「良い師匠」と出会えたならむしろ幸せかもしれません。

一方でちょっと切ないよね…と思うのが、「40歳の中年になった頃、やはり自分は何者にもなれず人生を終えるのだという事を受け入れた」時です。つまり二度目に死ぬ時。

これはおそらくある日突然「あ、俺何者でもないわ!」と気づくのではなく、何十年と繰り返す日々の中でそうした人生観が知らず知らずのうちに心と体に浸透し、自分でも気がつかないうちに死んでいくものと思われます。

私が切ないと感じたのは、40歳になって自分が何者でもないと受け入れるのも当然切ないのですが、逆に40歳を超えて「俺は選ばれし特別な~」と思っているのもやはりチョット痛いと言いますか、こちらも切ないなぁ…と。

つまりどちらに転んでも切ない40歳の頃。。。

言ってる私も40歳ですから他人事ではありません(; ・`д・´)

幸いなことに(!?)私は自分が選ばれし特別な存在ではないという現実は結構早い段階で理解できたタイプだと思いますので、そういう意味では既に死んでいるのかもしれませんが、自分が自分に対して「切ないなぁ~」と思わないようにはしたいと思いました。

で、そのためにどうするか。
私の場合は結局「好きな人と好きな仕事を夢中でやる」、これに尽きると思いました。
やっぱり「子供の頃ドラクエにハマったあの感覚」を大事にしていかないと!

そんな事を考えました。
今日は以上です。

加圧/パーソナル会員様のご予約はこちら047-403-2755
各コースのご予約はこちらから
BLOGS
スタッフブログ
食べて元気に!栄養管理士 ヨーコの健康ごはんレシピ
筋トレ塾長日記
ADVISOR
テクニカル池田佐和子-公式HP

切ない40歳… 2015/7/21

こんにちは!関口です。

先日、ネットを見ていて思わず唸ってしまうフレーズがありました。

そのフレーズとは、「職業人は社会に出てから二度死ぬ。一度目は何者でもない自分というものを受け入れる過程で。そして二度目は40歳の声を聞く中年となった頃、やはり自分は何者にもなれず人生を終えるのだという事を受け入れる過程で」…というものです。

このフレーズは「僕が18年勤めた会社を辞めた時、後悔した12のこと」という本の中から抜粋したようなので早速注文したのですが、私はこの一部分だけでかなり心に響いてしまい、「確かにそうだよな…」と、何だか切ない気持ちになりました(;_:)

若かりし頃は「自分は選ばれし特別な存在」と根拠のない自信を持っている時期が少なからずありますもんね。
一括りにはできませんが、私の場合は学生時代にその傾向がありました(笑)

しかし会社に勤め始めるとすぐに勘違いに気がつき、「自分は特別な存在なんかではない」と嫌でも気がついてしまいますが、これは自助努力によって自分の伸びしろを最大に伸ばせばいい訳ですので、ある意味で可能性は無限大。
ですから早く「何者でもない自分」に気がついて「良い師匠」と出会えたならむしろ幸せかもしれません。

一方でちょっと切ないよね…と思うのが、「40歳の中年になった頃、やはり自分は何者にもなれず人生を終えるのだという事を受け入れた」時です。つまり二度目に死ぬ時。

これはおそらくある日突然「あ、俺何者でもないわ!」と気づくのではなく、何十年と繰り返す日々の中でそうした人生観が知らず知らずのうちに心と体に浸透し、自分でも気がつかないうちに死んでいくものと思われます。

私が切ないと感じたのは、40歳になって自分が何者でもないと受け入れるのも当然切ないのですが、逆に40歳を超えて「俺は選ばれし特別な~」と思っているのもやはりチョット痛いと言いますか、こちらも切ないなぁ…と。

つまりどちらに転んでも切ない40歳の頃。。。

言ってる私も40歳ですから他人事ではありません(; ・`д・´)

幸いなことに(!?)私は自分が選ばれし特別な存在ではないという現実は結構早い段階で理解できたタイプだと思いますので、そういう意味では既に死んでいるのかもしれませんが、自分が自分に対して「切ないなぁ~」と思わないようにはしたいと思いました。

で、そのためにどうするか。
私の場合は結局「好きな人と好きな仕事を夢中でやる」、これに尽きると思いました。
やっぱり「子供の頃ドラクエにハマったあの感覚」を大事にしていかないと!

そんな事を考えました。
今日は以上です。