関口貴夫の筋トレ塾長日記

今朝の出来事 2017/1/11

こんにちは!関口です。

今朝、京成大久保駅改札を出た所で向かい側から高齢男性が怪しい足取りで向かってきました。
どう怪しかったのかというと、自分の意志ではなく脚の自由が利かないためにブレーキをかけられず歩行スピードを緩められないように見えたからです。

案の定、私の目の前で派手に転んでしまいました。
近寄って話しかけてみると転んだ状態のまま立ち上がれない様子でしたので、脇に手を入れてゆっくり立ち上がると片方の靴を履いていません。
よく見ると転んだ拍子に片方の靴が数メートル先に飛んでしまったようです。

近くにいた大学生と思われる若い男性がそれを取って履かせてくれました。
ここから大学生と私の2人で対応。

高齢男性に行先を聞くと「モゴモゴ…」と聞き取ることが出来ません。。。
唯一「駅に行きますか?」とお聞きすると頷いたように見えましたので、一緒に駅まで半分抱きかかえるようにしながら向かいました(といっても20メートル位の距離ですが)

駅員さんに事情を話して「もしかしたら電車に乗らないかもしれませんが駅に向かっていたようです…」とお伝えすると、駅員さんが優しい方で「後はお任せください」と。
正直言って肩の荷が下りたというかホッとしました。

その後高齢男性がどこに向かったのかは分かりませんが、私が感じた事は、まず感情的には「すれ違う人たちの視線が痛い」という事でした。
高齢男性は鼻水とよだれまみれでしたから、出来れば近寄りたくないのは当然といえば当然ですが、一緒に歩く私も心が痛みました。

そしてもう一つは「一人では不安」という事。
私は国際救命救急協会アドバンスインストラクターという立場もありますので、一応救急法全般の資格発行を出来る訳ですが、そんな私でもやはりこうした対応の際には「対応はこれでいいのかな?」とか「ずっと一緒にはいられないし、どうやって誰に引き継ごうか」など色々迷い考えました。
だから靴を取りに行ってくれた大学生や、駅員さんの「後はお任せください」という言葉には救われました。一人では辛かったです。

そして改めて思ったのは、仮に転倒した高齢男性が1年でも前から週に2、3回私達と一緒に筋トレしてプロテインでも飲む習慣があればもしかしたら今朝の転倒は防げたかもしれないな…と。
別に私達と一緒でなくてもいいのですが、「筋トレ」しないと絶対ダメだと思いました。

「筋トレしてればオールOK」みたいな単純な話でない事は十分理解していますが、ウォーキングやストレッチ、水泳、その他のスポーツでは得られない「肉体の若返り効果」が筋トレにはありますからね。

筋トレを啓蒙していこう…と強く感じた出来事でした。

加圧/パーソナル会員様のご予約はこちら047-403-2755
各コースのご予約はこちらから
BLOGS
スタッフブログ
食べて元気に!栄養管理士 ヨーコの健康ごはんレシピ
筋トレ塾長日記
ADVISOR
テクニカル池田佐和子-公式HP

今朝の出来事 2017/1/11

こんにちは!関口です。

今朝、京成大久保駅改札を出た所で向かい側から高齢男性が怪しい足取りで向かってきました。
どう怪しかったのかというと、自分の意志ではなく脚の自由が利かないためにブレーキをかけられず歩行スピードを緩められないように見えたからです。

案の定、私の目の前で派手に転んでしまいました。
近寄って話しかけてみると転んだ状態のまま立ち上がれない様子でしたので、脇に手を入れてゆっくり立ち上がると片方の靴を履いていません。
よく見ると転んだ拍子に片方の靴が数メートル先に飛んでしまったようです。

近くにいた大学生と思われる若い男性がそれを取って履かせてくれました。
ここから大学生と私の2人で対応。

高齢男性に行先を聞くと「モゴモゴ…」と聞き取ることが出来ません。。。
唯一「駅に行きますか?」とお聞きすると頷いたように見えましたので、一緒に駅まで半分抱きかかえるようにしながら向かいました(といっても20メートル位の距離ですが)

駅員さんに事情を話して「もしかしたら電車に乗らないかもしれませんが駅に向かっていたようです…」とお伝えすると、駅員さんが優しい方で「後はお任せください」と。
正直言って肩の荷が下りたというかホッとしました。

その後高齢男性がどこに向かったのかは分かりませんが、私が感じた事は、まず感情的には「すれ違う人たちの視線が痛い」という事でした。
高齢男性は鼻水とよだれまみれでしたから、出来れば近寄りたくないのは当然といえば当然ですが、一緒に歩く私も心が痛みました。

そしてもう一つは「一人では不安」という事。
私は国際救命救急協会アドバンスインストラクターという立場もありますので、一応救急法全般の資格発行を出来る訳ですが、そんな私でもやはりこうした対応の際には「対応はこれでいいのかな?」とか「ずっと一緒にはいられないし、どうやって誰に引き継ごうか」など色々迷い考えました。
だから靴を取りに行ってくれた大学生や、駅員さんの「後はお任せください」という言葉には救われました。一人では辛かったです。

そして改めて思ったのは、仮に転倒した高齢男性が1年でも前から週に2、3回私達と一緒に筋トレしてプロテインでも飲む習慣があればもしかしたら今朝の転倒は防げたかもしれないな…と。
別に私達と一緒でなくてもいいのですが、「筋トレ」しないと絶対ダメだと思いました。

「筋トレしてればオールOK」みたいな単純な話でない事は十分理解していますが、ウォーキングやストレッチ、水泳、その他のスポーツでは得られない「肉体の若返り効果」が筋トレにはありますからね。

筋トレを啓蒙していこう…と強く感じた出来事でした。