関口貴夫の筋トレ塾長日記

ベートーヴェン交響曲第九番 2017/12/25

kawatanisan

daiku

kawatanisan2

daiku2

こんにちは!関口です。
「年末にちょっとお洒落な格好をして第九を聴きに行く」これは私が憧れる素敵な大人のたしなみです。

年末のこの時期になるとこのベートーヴェン交響曲第九番を一度は耳にする機会があるかと思いますが、私としましては有名な歓喜の歌も当然ながら、意外とその前の演奏も素晴らしいよなぁ~と聴くたびに思います…って知ったかぶり全開の私ですが、実はこれまで生の演奏会に行ったことはなく、いつかはいつかは…と思いながらも気がつけば年が明けるのが常でした。

今年もそんな感じで12月はバタバタと過ぎ去っていくものと思っていましたが、そんな話をドクター筋トレ塾にご夫婦で通ってくださる川谷さんに何気なくお話したところ、なんと川谷さんは習志野第九合唱団の理事長であり、毎年あの習志野文化ホールで第九演奏会を開催されているのでした(なんと今年で40周年!)。

いやぁ、まさか目の前でバーベルスクワットをされている川谷さんが習志野合唱団の理事長だったとは。

そのような訳で、早速川谷さんにお願いして、満員御礼のため入手困難なチケットを何とかお願いして人生初の年末第九に行ってきました!!

演奏会を終えての感想は、やはりCDや音楽配信で聴く音と生演奏では迫力が全然違うということですね。生の演奏、合唱だからこそ心に響くものがあるように感じました。月並みですが感動しました。
さらに終盤には合唱団の皆様と満員の観客全員で「きよしこの夜」を歌ったのですが、これがまた素晴らしく、会場は温かい一体感に包まれていました。

また演奏会とは別に、開始直前まで会場入口で来客者に挨拶をされ、終了後はすぐに出口に戻られて皆様のお見送りをされている川谷さんの理事長としての渾身ぶりにも頭が下がる思いでした。

川谷さん、昨日はありがとうございました。そしてお疲れ様でした!
また筋トレ塾でお話聞かせてください。

加圧/パーソナル会員様のご予約はこちら047-403-2755
各コースのご予約はこちらから
BLOGS
スタッフブログ
筋トレ塾長日記

ベートーヴェン交響曲第九番 2017/12/25

kawatanisan

daiku

kawatanisan2

daiku2

こんにちは!関口です。
「年末にちょっとお洒落な格好をして第九を聴きに行く」これは私が憧れる素敵な大人のたしなみです。

年末のこの時期になるとこのベートーヴェン交響曲第九番を一度は耳にする機会があるかと思いますが、私としましては有名な歓喜の歌も当然ながら、意外とその前の演奏も素晴らしいよなぁ~と聴くたびに思います…って知ったかぶり全開の私ですが、実はこれまで生の演奏会に行ったことはなく、いつかはいつかは…と思いながらも気がつけば年が明けるのが常でした。

今年もそんな感じで12月はバタバタと過ぎ去っていくものと思っていましたが、そんな話をドクター筋トレ塾にご夫婦で通ってくださる川谷さんに何気なくお話したところ、なんと川谷さんは習志野第九合唱団の理事長であり、毎年あの習志野文化ホールで第九演奏会を開催されているのでした(なんと今年で40周年!)。

いやぁ、まさか目の前でバーベルスクワットをされている川谷さんが習志野合唱団の理事長だったとは。

そのような訳で、早速川谷さんにお願いして、満員御礼のため入手困難なチケットを何とかお願いして人生初の年末第九に行ってきました!!

演奏会を終えての感想は、やはりCDや音楽配信で聴く音と生演奏では迫力が全然違うということですね。生の演奏、合唱だからこそ心に響くものがあるように感じました。月並みですが感動しました。
さらに終盤には合唱団の皆様と満員の観客全員で「きよしこの夜」を歌ったのですが、これがまた素晴らしく、会場は温かい一体感に包まれていました。

また演奏会とは別に、開始直前まで会場入口で来客者に挨拶をされ、終了後はすぐに出口に戻られて皆様のお見送りをされている川谷さんの理事長としての渾身ぶりにも頭が下がる思いでした。

川谷さん、昨日はありがとうございました。そしてお疲れ様でした!
また筋トレ塾でお話聞かせてください。