関口貴夫の筋トレ塾長日記

セミナー! 2018/4/5(木)

eikaku

こんにちは!関口です。

先日参加したコーチングセミナーでは性格分析というワークがあり、事前に出題されていた100問くらいの質問に答え、それを分析した個々の性格傾向結果が手渡されました。

私はこの手のテストは必ずといっていいほど「行動」「熱意」「成果」といった項目を振り切る感じになっていて、その反面「確実性」や「分析」といった項目はスッカスカだったりします(汗)

先日の分析結果でもやはり「類まれな熱量と行動力で周囲を巻き込み成果を出すまで取り組みを続けるあたなは~」みたいな事が書かれていました。
分析結果には良いも悪いもなく、ただ自分の特性を知るためだけのものですが、そこに書かれている事には思い当たる節も多く「そうかもな…」と思いました。
何しろ常日頃から自分でも「とにかく行動する事」を意識していて、好きな言葉も「動けば何かが起こる」ですから( *´艸`)

でもですよ。
ある参加者の分析結果の中に「一番ストレスだと感じる事」というものがあり、そこには「分析もせずに動き出してしまう事」と書かれていました。
うむむ、完全に私ではありませんか。

その参加者の性格タイプは私と対極に位置していて、気になったので直接お聞きしてみると、本当にそういったシチュエーション(とにかくやってみよう!みたいなノリ)には大きな違和感を覚えるのだそうです。

今までの私なら「とりあえず軽く味わってみなけりゃ何も分からないじゃない?」「10回のスパーリングより1回の試合でしょ!」と思っていた訳ですが、そういうのが本当にストレスになる人がいるとなれば考えなければなりませんね。

具体的な方法としてはよくあるPDCA…とかではなく、要するにまずは「私自身の状況や考えている事を話す」→「その上で相手がどうしたいのかじっくり聞く」といったプロセスが重要なのだとか。

「じっくり聞く」というのが大事という事です。
じっくり聞く……出来るようでなかなか難しいですが、意識してみようと思います。

そんな事を学んだセミナーでした。

加圧/パーソナル会員様のご予約はこちら047-403-2755
各コースのご予約はこちらから
BLOGS
スタッフブログ
筋トレ塾長日記

セミナー! 2018/4/5(木)

eikaku

こんにちは!関口です。

先日参加したコーチングセミナーでは性格分析というワークがあり、事前に出題されていた100問くらいの質問に答え、それを分析した個々の性格傾向結果が手渡されました。

私はこの手のテストは必ずといっていいほど「行動」「熱意」「成果」といった項目を振り切る感じになっていて、その反面「確実性」や「分析」といった項目はスッカスカだったりします(汗)

先日の分析結果でもやはり「類まれな熱量と行動力で周囲を巻き込み成果を出すまで取り組みを続けるあたなは~」みたいな事が書かれていました。
分析結果には良いも悪いもなく、ただ自分の特性を知るためだけのものですが、そこに書かれている事には思い当たる節も多く「そうかもな…」と思いました。
何しろ常日頃から自分でも「とにかく行動する事」を意識していて、好きな言葉も「動けば何かが起こる」ですから( *´艸`)

でもですよ。
ある参加者の分析結果の中に「一番ストレスだと感じる事」というものがあり、そこには「分析もせずに動き出してしまう事」と書かれていました。
うむむ、完全に私ではありませんか。

その参加者の性格タイプは私と対極に位置していて、気になったので直接お聞きしてみると、本当にそういったシチュエーション(とにかくやってみよう!みたいなノリ)には大きな違和感を覚えるのだそうです。

今までの私なら「とりあえず軽く味わってみなけりゃ何も分からないじゃない?」「10回のスパーリングより1回の試合でしょ!」と思っていた訳ですが、そういうのが本当にストレスになる人がいるとなれば考えなければなりませんね。

具体的な方法としてはよくあるPDCA…とかではなく、要するにまずは「私自身の状況や考えている事を話す」→「その上で相手がどうしたいのかじっくり聞く」といったプロセスが重要なのだとか。

「じっくり聞く」というのが大事という事です。
じっくり聞く……出来るようでなかなか難しいですが、意識してみようと思います。

そんな事を学んだセミナーでした。