関口貴夫の筋トレ塾長日記

オリジナルドリンク! 2016/4/25

20150819_105926
こんにちは!関口です。
先日、「筋肉をつけるためには運動直後にタンパク質と一緒に糖質を摂ると良い!」というテレビ番組があったとお客様から教えて頂きました。

「関口さんが前から言ってたのはホントなんだね~」と(笑)

番組では運動後のタンパク質&糖質補給として牛乳とどら焼きなどお薦めしているようでしたが、本日は私のお気に入りタンパク質&糖質ブレンドを紹介しますので、運動中、後にどうぞお試しください。

ポイントは「種類」と「濃度」と「量」と「タイミング」です。

まずは糖質。

果糖、砂糖、ブドウ糖、デキストリンなど、糖は糖でもどんな糖を選ぶかが非常に重要です。

大抵のスポーツドリンクに使われている「果糖」は甘味があり美味しいのですが、速やかに血糖値を上げてくれないという点と(運動中はすぐに反応したほうが良い)、中性脂肪や尿酸値を高めるリスクがあるのでNG。
だから市販のスポーツドリンクで「果糖ブドウ糖液」と書いてあれば避けるべしです。

「砂糖」は果糖とブドウ糖が1:1なのでやはり果糖の問題でNG。

という訳で、吸収の良さから運動中はブドウ糖かデキストリンがベストなのですが、そのためにグリコCCDなどのサプリを買うのもなぁ…という方には100%オレンジジュースがお薦めです。
「え、オレンジジュースは果糖でしょ?」と思われがちですが、実はオレンジジュースに含まれる糖分の多くはブドウ糖なので、運動中の糖質としては優れているんです。
しかし問題は濃度。100%のままだと濃すぎて吸収が悪いんです。

濃度は2.5%が一番吸収が良く、6%を超えてくると悪くなってくるようです。
ですから運動中に水分&エネルギー補給する場合、濃度は2.5%以上6%以下と考えておけばいいでしょう。

そこで、オレンジジュースと水の1:1ブレンド。
オレンジジュース500mlなら水も500ml。

オレンジジュース500mlには糖質が大体50g含まれていますから、水と合わせて1ℓにすれば濃度5%となります。
つまり吸収の良いブドウ糖が5%の濃度になったドリンクになる訳です。

運動中~後の糖質摂取目安は体重×0.8~1.2gと言われていますから、体重50㎏なら40~60gとなり、約オレンジジュース500ml分と考えて良いでしょう。※当然80㎏オーバーの私はもう少し必要となります。

後はここに必須アミノ酸を入れたりBCAAを入れたりクエン酸を加えたりと個性?が出て来るのですが、基本はこの水とオレンジジュース1:1で間違いありません。

「いやいや1ℓも飲めないヨ!」という方もご安心ください。

運動中に飲みきれなかったドリンクの残りは運動後にプロテインを入れて飲むんです。

所説ありますが、「運動後の糖質:タンパク質」は「2:1」が良いとされていますから、上記のドリンクの残りに20~30グラムのプロテインを入れれば完璧な運動後プロテインシェイクになりますからね。

効果抜群でお手軽なオリジナルドリンク、是非お試しください。

加圧/パーソナル会員様のご予約はこちら047-403-2755
各コースのご予約はこちらから
BLOGS
スタッフブログ
食べて元気に!栄養管理士 ヨーコの健康ごはんレシピ
筋トレ塾長日記
ADVISOR
テクニカル池田佐和子-公式HP

オリジナルドリンク! 2016/4/25

20150819_105926
こんにちは!関口です。
先日、「筋肉をつけるためには運動直後にタンパク質と一緒に糖質を摂ると良い!」というテレビ番組があったとお客様から教えて頂きました。

「関口さんが前から言ってたのはホントなんだね~」と(笑)

番組では運動後のタンパク質&糖質補給として牛乳とどら焼きなどお薦めしているようでしたが、本日は私のお気に入りタンパク質&糖質ブレンドを紹介しますので、運動中、後にどうぞお試しください。

ポイントは「種類」と「濃度」と「量」と「タイミング」です。

まずは糖質。

果糖、砂糖、ブドウ糖、デキストリンなど、糖は糖でもどんな糖を選ぶかが非常に重要です。

大抵のスポーツドリンクに使われている「果糖」は甘味があり美味しいのですが、速やかに血糖値を上げてくれないという点と(運動中はすぐに反応したほうが良い)、中性脂肪や尿酸値を高めるリスクがあるのでNG。
だから市販のスポーツドリンクで「果糖ブドウ糖液」と書いてあれば避けるべしです。

「砂糖」は果糖とブドウ糖が1:1なのでやはり果糖の問題でNG。

という訳で、吸収の良さから運動中はブドウ糖かデキストリンがベストなのですが、そのためにグリコCCDなどのサプリを買うのもなぁ…という方には100%オレンジジュースがお薦めです。
「え、オレンジジュースは果糖でしょ?」と思われがちですが、実はオレンジジュースに含まれる糖分の多くはブドウ糖なので、運動中の糖質としては優れているんです。
しかし問題は濃度。100%のままだと濃すぎて吸収が悪いんです。

濃度は2.5%が一番吸収が良く、6%を超えてくると悪くなってくるようです。
ですから運動中に水分&エネルギー補給する場合、濃度は2.5%以上6%以下と考えておけばいいでしょう。

そこで、オレンジジュースと水の1:1ブレンド。
オレンジジュース500mlなら水も500ml。

オレンジジュース500mlには糖質が大体50g含まれていますから、水と合わせて1ℓにすれば濃度5%となります。
つまり吸収の良いブドウ糖が5%の濃度になったドリンクになる訳です。

運動中~後の糖質摂取目安は体重×0.8~1.2gと言われていますから、体重50㎏なら40~60gとなり、約オレンジジュース500ml分と考えて良いでしょう。※当然80㎏オーバーの私はもう少し必要となります。

後はここに必須アミノ酸を入れたりBCAAを入れたりクエン酸を加えたりと個性?が出て来るのですが、基本はこの水とオレンジジュース1:1で間違いありません。

「いやいや1ℓも飲めないヨ!」という方もご安心ください。

運動中に飲みきれなかったドリンクの残りは運動後にプロテインを入れて飲むんです。

所説ありますが、「運動後の糖質:タンパク質」は「2:1」が良いとされていますから、上記のドリンクの残りに20~30グラムのプロテインを入れれば完璧な運動後プロテインシェイクになりますからね。

効果抜群でお手軽なオリジナルドリンク、是非お試しください。