関口貴夫の筋トレ塾長日記

それでいいのかなと思った話 2016/10/12

こんにちは!関口です。

フィットネスクラブは月会費を支払えば基本的に何度でも自由に通える事から、ポジションとして「フリー」という捉え方が出来ます。
他方で1回幾らの個別指導のポジションは「パーソナル」。
そしてグループレッスンのポジションはそのまんまですが「グループ」。

フィットネスクラブのポジションはこの「フリー」「パーソナル」「グループ」の3つが基本で、この3つのうちどこを取るか(または取らないか)はクラブ運営の根幹となり、経営者、従業員の想いや会社規模、また最終的に何がしたい会社なのかによってその構成は大きく異なる部分でしょう。

私はどうかと言いますと、「ご自由にどうぞ」というフリーのポジションではお客様の体が変わらないという現実を今まで散々見て経験してきましたので、おそらくこの先もフリー業態には足を踏み入れません。

私はフィットネスクラブの当たり前にあるべき価値は「体が変わる事」だと思っていますから、その実現のために今後も「グループ」と「パーソナル」が基本です。

とはいえ、「フィットネスクラブの価値は体が変わるだけじゃない」という一面も理解しているつもりですので、決してフリーを否定するものではありません。

そんな矢先、フリー業態のポジションで注力していたクラブさんが突然「筋トレのグループレッスン」をはじめたようなんです。

しかも、よくよく話を聞くと「それってDr.筋トレ塾じゃん」みたいな内容で。。。|д゚)

私は人間が小さいもので、「何だそれ。ただのパクリじゃねーか!」みたいな気持ちも若干無きにしも非ずですが、考え方によっては模倣されるのは他クラブさんから認められている証拠ですし、現実的にマネされても私にはどうしようもないですから、まぁご自由にどうぞ、、というスタンスで過ごす事にしました。

そんなことでいちいち文句をつけていたら私の器の小ささが露呈してしまいますからねぇ。フフフ。

ですが、私がそんなクラブさんを見ていてひとつだけ「それでいいのかな?」と相成れなく思ったのは、「(筋トレの)グループポジション」に足を踏み入れた理由が「モデルケースが既にあるから」「会費外の売上が見込めそうだから」「(社内事情的に)新しく何か始めないといけないから」「今ある設備と人材で出来るから」という感じで、「今まで自クラブでは効果を提供してこれなかった」という自己否定のひとつもなく、当然ながら「お客様に効果を提供するために」といった文言も出てこないのがなんだかなぁ~と。

正直なところ、この手のクラブさんってお客様の体が変わろうが変わるまいが知ったこっちゃないんじゃないですかね。

そんな想いでやっているクラブには負けないぞ~!!
と、そんな事を思いました。

加圧/パーソナル会員様のご予約はこちら047-403-2755
各コースのご予約はこちらから
BLOGS
スタッフブログ
食べて元気に!栄養管理士 ヨーコの健康ごはんレシピ
筋トレ塾長日記
ADVISOR
テクニカル池田佐和子-公式HP

それでいいのかなと思った話 2016/10/12

こんにちは!関口です。

フィットネスクラブは月会費を支払えば基本的に何度でも自由に通える事から、ポジションとして「フリー」という捉え方が出来ます。
他方で1回幾らの個別指導のポジションは「パーソナル」。
そしてグループレッスンのポジションはそのまんまですが「グループ」。

フィットネスクラブのポジションはこの「フリー」「パーソナル」「グループ」の3つが基本で、この3つのうちどこを取るか(または取らないか)はクラブ運営の根幹となり、経営者、従業員の想いや会社規模、また最終的に何がしたい会社なのかによってその構成は大きく異なる部分でしょう。

私はどうかと言いますと、「ご自由にどうぞ」というフリーのポジションではお客様の体が変わらないという現実を今まで散々見て経験してきましたので、おそらくこの先もフリー業態には足を踏み入れません。

私はフィットネスクラブの当たり前にあるべき価値は「体が変わる事」だと思っていますから、その実現のために今後も「グループ」と「パーソナル」が基本です。

とはいえ、「フィットネスクラブの価値は体が変わるだけじゃない」という一面も理解しているつもりですので、決してフリーを否定するものではありません。

そんな矢先、フリー業態のポジションで注力していたクラブさんが突然「筋トレのグループレッスン」をはじめたようなんです。

しかも、よくよく話を聞くと「それってDr.筋トレ塾じゃん」みたいな内容で。。。|д゚)

私は人間が小さいもので、「何だそれ。ただのパクリじゃねーか!」みたいな気持ちも若干無きにしも非ずですが、考え方によっては模倣されるのは他クラブさんから認められている証拠ですし、現実的にマネされても私にはどうしようもないですから、まぁご自由にどうぞ、、というスタンスで過ごす事にしました。

そんなことでいちいち文句をつけていたら私の器の小ささが露呈してしまいますからねぇ。フフフ。

ですが、私がそんなクラブさんを見ていてひとつだけ「それでいいのかな?」と相成れなく思ったのは、「(筋トレの)グループポジション」に足を踏み入れた理由が「モデルケースが既にあるから」「会費外の売上が見込めそうだから」「(社内事情的に)新しく何か始めないといけないから」「今ある設備と人材で出来るから」という感じで、「今まで自クラブでは効果を提供してこれなかった」という自己否定のひとつもなく、当然ながら「お客様に効果を提供するために」といった文言も出てこないのがなんだかなぁ~と。

正直なところ、この手のクラブさんってお客様の体が変わろうが変わるまいが知ったこっちゃないんじゃないですかね。

そんな想いでやっているクラブには負けないぞ~!!
と、そんな事を思いました。