関口貴夫の筋トレ塾長日記

この夏の一冊は 2016/8/13

kaiten

こんにちは!関口です。

終戦記念日が近づくと「戦争モノ」の映画やドラマ、ドキュメンタリーが放送されたり、本屋に行けば戦争や特攻隊を題材にした本が目立つように並べられますよね。

そんな影響もあり、私も毎年この時期はそうした本を読む事が多いのですが、今年読んだ一冊が群を抜いて面白かったので本日はその紹介です(^^)/

「僕たちの戦争/荻原浩」

現代に生きる若者(サーフィンとブルーハーツを愛するお調子者のプータロー)と、終戦間近に生きる若者(愛国精神あふれる海軍飛行術練習生)がそれぞれタイムスリップして入れ替わってしまう…という話です。

前半は笑いながら軽快なテンポで読み進めますが、後半からは徐々に切なくやりきれない展開になり、最後は「生き残ったのは一体どっちなんだよ~!」と。。。

まぁしかし、生き残ったのがどちらであってもあまりにも悲しく切なすぎるので、これはわからないままの方がいいのかもしれませんね。

…っと、詳しくは読んでのお楽しみという事で。

戦争モノにありがちな説教臭さや押しつけ感もなく、個人的には「永遠のゼロ」よりも面白い戦争小説の傑作ではないかと思います。

「僕たちの戦争/荻原浩」

この夏の一冊に是非どうぞ。

加圧/パーソナル会員様のご予約はこちら047-403-2755
各コースのご予約はこちらから
BLOGS
スタッフブログ
食べて元気に!栄養管理士 ヨーコの健康ごはんレシピ
筋トレ塾長日記
ADVISOR
テクニカル池田佐和子-公式HP

この夏の一冊は 2016/8/13

kaiten

こんにちは!関口です。

終戦記念日が近づくと「戦争モノ」の映画やドラマ、ドキュメンタリーが放送されたり、本屋に行けば戦争や特攻隊を題材にした本が目立つように並べられますよね。

そんな影響もあり、私も毎年この時期はそうした本を読む事が多いのですが、今年読んだ一冊が群を抜いて面白かったので本日はその紹介です(^^)/

「僕たちの戦争/荻原浩」

現代に生きる若者(サーフィンとブルーハーツを愛するお調子者のプータロー)と、終戦間近に生きる若者(愛国精神あふれる海軍飛行術練習生)がそれぞれタイムスリップして入れ替わってしまう…という話です。

前半は笑いながら軽快なテンポで読み進めますが、後半からは徐々に切なくやりきれない展開になり、最後は「生き残ったのは一体どっちなんだよ~!」と。。。

まぁしかし、生き残ったのがどちらであってもあまりにも悲しく切なすぎるので、これはわからないままの方がいいのかもしれませんね。

…っと、詳しくは読んでのお楽しみという事で。

戦争モノにありがちな説教臭さや押しつけ感もなく、個人的には「永遠のゼロ」よりも面白い戦争小説の傑作ではないかと思います。

「僕たちの戦争/荻原浩」

この夏の一冊に是非どうぞ。