関口貴夫の筋トレ塾長日記

「妥協なく頑張った」→それは誰かの支えがあってこそ。 2016/8/16

こんにちは!関口です。

オリンピックダイジェストをテレビで観ていて改めて思った事。

好成績を出した選手は試合後のインタビューで「今のお気持ちは?」と聞かれると、必ずといっていい程「皆様のおかげです」「応援してくださった方に感謝です」といったコメントを出しますよね。

「なっ!俺スゲーだろっ!!」
「私ってサイコー!!」

などと吠えている選手は見た事がありません。

一人くらいそんな選手がいても面白いと思いますが、先日ボディビルコンテストに出てつくづく実感したのが「自分が妥協なく思い切り頑張れるのは、それが出来る環境を見えないところで誰かがつくってくれているから」という事です。

オリンピック選手と私如きを同列にするつもりは全くありませんが(*‘ω‘ *)、私ですら家族やスタッフの協力がなければコンテスト出場のためのトレーニングやポーズ練習の時間は捻出できませんでしたからね。

私でそうですから、オリンピック選手ともなれば家族、親戚一同はもちろん、会社、地域…と様々な人を巻き込んで協力してもらわなければとても満足出来る練習や調整はできないでしょう。

仕事もバリバリ普通以上にこなして、その上で捻出した時間で効率よく練習して試合して、オリンピック出ます!…ってのはかなり超人的で憧れますが、現実的にはかなり難しいでしょうからね。

各競技のトップ中のトップであるオリンピック選手というのは「自分が頑張れるのは皆様の支えがあってこそ」という事を心の底から理解していて、その結果勝てば「皆様のおかげ、感謝」、負ければ「(こんなに応援してくださったのに)申し訳ありません」という心境になるのではないかと。

ですからこの理屈で考えると「時間を捻出出来ない」「誰も協力してくれない」と嘆く選手は、もしかしたら「感謝の気持ち」が足りないのかもしれませんね。

「競技能力を向上させるには人格づくりも必須」

そんな事を思い、胸がグサッときた私なのでした(笑)

加圧/パーソナル会員様のご予約はこちら047-403-2755
各コースのご予約はこちらから
BLOGS
スタッフブログ
食べて元気に!栄養管理士 ヨーコの健康ごはんレシピ
筋トレ塾長日記
ADVISOR
テクニカル池田佐和子-公式HP

「妥協なく頑張った」→それは誰かの支えがあってこそ。 2016/8/16

こんにちは!関口です。

オリンピックダイジェストをテレビで観ていて改めて思った事。

好成績を出した選手は試合後のインタビューで「今のお気持ちは?」と聞かれると、必ずといっていい程「皆様のおかげです」「応援してくださった方に感謝です」といったコメントを出しますよね。

「なっ!俺スゲーだろっ!!」
「私ってサイコー!!」

などと吠えている選手は見た事がありません。

一人くらいそんな選手がいても面白いと思いますが、先日ボディビルコンテストに出てつくづく実感したのが「自分が妥協なく思い切り頑張れるのは、それが出来る環境を見えないところで誰かがつくってくれているから」という事です。

オリンピック選手と私如きを同列にするつもりは全くありませんが(*‘ω‘ *)、私ですら家族やスタッフの協力がなければコンテスト出場のためのトレーニングやポーズ練習の時間は捻出できませんでしたからね。

私でそうですから、オリンピック選手ともなれば家族、親戚一同はもちろん、会社、地域…と様々な人を巻き込んで協力してもらわなければとても満足出来る練習や調整はできないでしょう。

仕事もバリバリ普通以上にこなして、その上で捻出した時間で効率よく練習して試合して、オリンピック出ます!…ってのはかなり超人的で憧れますが、現実的にはかなり難しいでしょうからね。

各競技のトップ中のトップであるオリンピック選手というのは「自分が頑張れるのは皆様の支えがあってこそ」という事を心の底から理解していて、その結果勝てば「皆様のおかげ、感謝」、負ければ「(こんなに応援してくださったのに)申し訳ありません」という心境になるのではないかと。

ですからこの理屈で考えると「時間を捻出出来ない」「誰も協力してくれない」と嘆く選手は、もしかしたら「感謝の気持ち」が足りないのかもしれませんね。

「競技能力を向上させるには人格づくりも必須」

そんな事を思い、胸がグサッときた私なのでした(笑)