関口貴夫の筋トレ塾長日記

「カッコ悪い」が「カッコ良い」 2016/8/28

こんにちは!関口です。
先日、ある競技の試合に数年振りに復帰された方の応援に駆けつけた時に感じた事です。

その方とは日頃から親しくさせて頂いており、久しぶりに競技復帰されると聞いた時、私に出来る事は応援だけだから、とにかく試合場に行こうと思いました。

その方は過去に何度も日本一を獲る程の伝説的な名選手でしたが、度重なる怪我や若い選手の台頭などにより、ここ数年は冬の時代が続いていたようです。

だから「数年振りに競技復帰」と一口に言ってもその意味は重く、下手すれば今までの実績やランクを下げてしまう危険性もある復帰なのでした。

で、試合開始。

スタート時点からやはり優勝候補の一角である若い選手の勢いが止まりません。
ベテラン選手も強いのですが、若者の勢いにやや押され気味でした。

そんな中、何とか状況を打開すべくベテラン選手はなりふり構わず必死の形相でプレーしていました。

それらの所作は決してスマートな身のこなしではなく、どちらかといえば非常に泥臭いものでした。

そんな往年のベテラン選手の泥臭いプレーに対して、私の近くで観戦していた男性が仲間と「あれ意味あんのかな(笑)?」と笑いのネタにしていました。
同時に「もっとこうすればいいのに」みたいな評論も展開していました。

輝かしい実績のあるベテランが、勝つために必死になりふり構わず試合している姿がその男性には笑えたようで、プレースタイルにも納得がいかなかったようです。

それを見て私は「人の必死を笑うな」「評論すんな」という気持ちもありましたが、それ以上に「え!このカッコ良さが分からないの!?」と心底不思議に思い、驚きました。

ベテラン選手が状況を打破しようとカッコ悪くても泥臭くてもなりふり構わずもがき続けてプレーする姿は最高にカッコ良く私の目には映っていたからです。

「カッコ悪い」が「カッコ良い」という美学を学びました。

そういう人間臭い美学に気がつかないのは感性が鈍すぎるよな…と思いつつ、この手の輩はまさに「安全地帯から傍観しているだけの評論家」ですから、必死で戦う選手の気持ちは分からないのでしょう。

とにかく、必死の姿は美しいものです。

「カッコ悪い」が「カッコ良い」

最高でした。

押忍!

加圧/パーソナル会員様のご予約はこちら047-403-2755
各コースのご予約はこちらから
BLOGS
スタッフブログ
食べて元気に!栄養管理士 ヨーコの健康ごはんレシピ
筋トレ塾長日記
ADVISOR
テクニカル池田佐和子-公式HP

「カッコ悪い」が「カッコ良い」 2016/8/28

こんにちは!関口です。
先日、ある競技の試合に数年振りに復帰された方の応援に駆けつけた時に感じた事です。

その方とは日頃から親しくさせて頂いており、久しぶりに競技復帰されると聞いた時、私に出来る事は応援だけだから、とにかく試合場に行こうと思いました。

その方は過去に何度も日本一を獲る程の伝説的な名選手でしたが、度重なる怪我や若い選手の台頭などにより、ここ数年は冬の時代が続いていたようです。

だから「数年振りに競技復帰」と一口に言ってもその意味は重く、下手すれば今までの実績やランクを下げてしまう危険性もある復帰なのでした。

で、試合開始。

スタート時点からやはり優勝候補の一角である若い選手の勢いが止まりません。
ベテラン選手も強いのですが、若者の勢いにやや押され気味でした。

そんな中、何とか状況を打開すべくベテラン選手はなりふり構わず必死の形相でプレーしていました。

それらの所作は決してスマートな身のこなしではなく、どちらかといえば非常に泥臭いものでした。

そんな往年のベテラン選手の泥臭いプレーに対して、私の近くで観戦していた男性が仲間と「あれ意味あんのかな(笑)?」と笑いのネタにしていました。
同時に「もっとこうすればいいのに」みたいな評論も展開していました。

輝かしい実績のあるベテランが、勝つために必死になりふり構わず試合している姿がその男性には笑えたようで、プレースタイルにも納得がいかなかったようです。

それを見て私は「人の必死を笑うな」「評論すんな」という気持ちもありましたが、それ以上に「え!このカッコ良さが分からないの!?」と心底不思議に思い、驚きました。

ベテラン選手が状況を打破しようとカッコ悪くても泥臭くてもなりふり構わずもがき続けてプレーする姿は最高にカッコ良く私の目には映っていたからです。

「カッコ悪い」が「カッコ良い」という美学を学びました。

そういう人間臭い美学に気がつかないのは感性が鈍すぎるよな…と思いつつ、この手の輩はまさに「安全地帯から傍観しているだけの評論家」ですから、必死で戦う選手の気持ちは分からないのでしょう。

とにかく、必死の姿は美しいものです。

「カッコ悪い」が「カッコ良い」

最高でした。

押忍!