食べて元気!ヨーコの健康ごはんレシピ

✏ お外でごはん♪のススメ

FullSizeRender

最近、「ピクニック」していますか?

自然の中でごはんを食べる・・・
とても気持ちいいですね!

お気に入りのベンチでのびのびとお昼を食べたり、
友だちや仲間とワイワイと食べ物を持ち寄ったり、
家族や親戚とゆっくりとお茶を楽しんだり、
会議・打合せの合間にリラックスしてみたり……

お外で食べるといつもより美味しく感じるのは、
自然のパワーのおかげかな~

身近な場所を使って、日常をちょっと楽しくできたらいいですね♪
 
  
今は桜の季節。
お花見を満喫した方も、これから満開を迎える方も、
気づいたら桜が散ってしまった方も...

おべんとうを持って、出かけてみませんか?

IMG_6068

✏ ぜいたくな干しわかめ

干しわかめ

新わかめの季節になりました。
最近では塩蔵や乾燥わかめが年中食卓に登場しますが、春に出回る新わかめに注目!
肉厚で香りもよく、特別な旬の味です。

湯通しする前の茶色い生わかめを見つけたら、しゃぶしゃぶにしてポン酢をつける食べ方がおすすめですよ。
他にも、酢の物やお味噌汁などの定番料理を生わかめにして食卓から春気分UPしても♪

 
新わかめは新鮮さが命。
残りはすぐに干して保存することにしました。
はる~とは言え、まだまだ空気は乾燥し寒い日もあり、2日間ですっかりカラカラの干しわかめに。

ということは、もちろん人間の肌やのども乾燥しやすいと、この干しわかめからもよく分かります・・・

季節の変わり目、みなさん体調管理に気をつけてお過ごしくださいね。

 

✏ 春がやってきた!

春分を過ぎ、すっかり日が長くなってきましたね(^^)
春といえば、いよいよ山菜の季節到来です。

第一弾は庭に出てきた「ふきのとう」♪

ばっけ天ぷら

シンプルに天ぷらにして、塩をつけて食べました。
昔から、「春は苦味をとれ」といわれていますが、
その通り、ぱっと目が覚めるようなほろよい苦味で、一気に春気分になりました♪

気温が緩む春先になると、自然と新陳代謝が活発になり、貯め込んだ脂肪や老廃物を排出して、春の身体へと変化していきます。
この身体の変化を円滑にしてくれるのが、ふきのとうなど、苦味のある山菜です。
苦いのはちょっとにがてという方は、天ぷらがおすすめですよ。

 

DSC_3158

翌日には、山間いに住む親戚から、あさつきを頂きました。
これはもしかして「のびる」?と思い、食材辞典を調べると、“栽培もされる山菜” のページにありました。
さっとゆでて酢みそ和えにでもしようかと思います。

みなさんの食卓には春は訪れましたか?
たらの芽・うど・こごみ・わらび…これから続々と登場します。

実際に山菜採りに行けなくとも・・・
お近くのスーパーでの春野菜コーナーのぞいてみてくださいね!

山菜で身体をリセットして、冬から春へからだの中から衣替えしましょう!

 

✏ みそは健康の要

 
「大豆の甘・温は気をおだやかにし、腹中をくつろげて血を生かし、百薬の毒を消す。
麹の甘・温は胃の中に入って、食及びとどこおりをなくし、消化をよくし閉塞を防ぐ。
元気をつけて、血のめぐりをよくする」
~『本朝食鑑』(元緑8年・1695)より~

 

みそは、日本人が古くから親しんできた発酵食品。
どんな食材とも相性がよい万能選手です。

最近、食卓にみそ汁!・・・登場していますか?
みそ汁の中に具がたくさん入れば、それ一つで立派なおかずにもなりますね!
お好きな野菜やきのこ、お豆腐などをたっぷり入れてもよし。
春らしく、生わかめ・あさり・みつばなどにしてもよし。
違う種類のみそを混ぜれば、新たな発見があるかもしれません♪

今年も「手前みそ」を作りました。
完成が楽しみです♪

 
みそ作り 煮大豆

みそ作り たいず潰し

✏ 旬のものちょこっと足し【 春 菊 】

春に黄色の花を咲かせ、葉の形が菊に似ていることから、「春菊」という名前がついているそうです。
さわやかで個性的な香りは、消化を促す働きもあります。

すきやきなど、鍋物料理のときに活躍する春菊。
やわらかい葉は、生でサラダにしてもおいしいです♪

春への移り変わりの時期。
いつものは違う食べ方で味わってみませんか。

  

加圧/パーソナル会員様のご予約はこちら047-403-2755
各コースのご予約はこちらから
BLOGS
スタッフブログ
食べて元気に!栄養管理士 ヨーコの健康ごはんレシピ
筋トレ塾長日記
ADVISOR
テクニカル池田佐和子-公式HP

お外でごはん♪のススメ

FullSizeRender

最近、「ピクニック」していますか?

自然の中でごはんを食べる・・・
とても気持ちいいですね!

お気に入りのベンチでのびのびとお昼を食べたり、
友だちや仲間とワイワイと食べ物を持ち寄ったり、
家族や親戚とゆっくりとお茶を楽しんだり、
会議・打合せの合間にリラックスしてみたり……

お外で食べるといつもより美味しく感じるのは、
自然のパワーのおかげかな~

身近な場所を使って、日常をちょっと楽しくできたらいいですね♪
 
  
今は桜の季節。
お花見を満喫した方も、これから満開を迎える方も、
気づいたら桜が散ってしまった方も...

おべんとうを持って、出かけてみませんか?

IMG_6068

ぜいたくな干しわかめ

干しわかめ

新わかめの季節になりました。
最近では塩蔵や乾燥わかめが年中食卓に登場しますが、春に出回る新わかめに注目!
肉厚で香りもよく、特別な旬の味です。

湯通しする前の茶色い生わかめを見つけたら、しゃぶしゃぶにしてポン酢をつける食べ方がおすすめですよ。
他にも、酢の物やお味噌汁などの定番料理を生わかめにして食卓から春気分UPしても♪

 
新わかめは新鮮さが命。
残りはすぐに干して保存することにしました。
はる~とは言え、まだまだ空気は乾燥し寒い日もあり、2日間ですっかりカラカラの干しわかめに。

ということは、もちろん人間の肌やのども乾燥しやすいと、この干しわかめからもよく分かります・・・

季節の変わり目、みなさん体調管理に気をつけてお過ごしくださいね。

 

春がやってきた!

春分を過ぎ、すっかり日が長くなってきましたね(^^)
春といえば、いよいよ山菜の季節到来です。

第一弾は庭に出てきた「ふきのとう」♪

ばっけ天ぷら

シンプルに天ぷらにして、塩をつけて食べました。
昔から、「春は苦味をとれ」といわれていますが、
その通り、ぱっと目が覚めるようなほろよい苦味で、一気に春気分になりました♪

気温が緩む春先になると、自然と新陳代謝が活発になり、貯め込んだ脂肪や老廃物を排出して、春の身体へと変化していきます。
この身体の変化を円滑にしてくれるのが、ふきのとうなど、苦味のある山菜です。
苦いのはちょっとにがてという方は、天ぷらがおすすめですよ。

 

DSC_3158

翌日には、山間いに住む親戚から、あさつきを頂きました。
これはもしかして「のびる」?と思い、食材辞典を調べると、“栽培もされる山菜” のページにありました。
さっとゆでて酢みそ和えにでもしようかと思います。

みなさんの食卓には春は訪れましたか?
たらの芽・うど・こごみ・わらび…これから続々と登場します。

実際に山菜採りに行けなくとも・・・
お近くのスーパーでの春野菜コーナーのぞいてみてくださいね!

山菜で身体をリセットして、冬から春へからだの中から衣替えしましょう!

 

みそは健康の要

 
「大豆の甘・温は気をおだやかにし、腹中をくつろげて血を生かし、百薬の毒を消す。
麹の甘・温は胃の中に入って、食及びとどこおりをなくし、消化をよくし閉塞を防ぐ。
元気をつけて、血のめぐりをよくする」
~『本朝食鑑』(元緑8年・1695)より~

 

みそは、日本人が古くから親しんできた発酵食品。
どんな食材とも相性がよい万能選手です。

最近、食卓にみそ汁!・・・登場していますか?
みそ汁の中に具がたくさん入れば、それ一つで立派なおかずにもなりますね!
お好きな野菜やきのこ、お豆腐などをたっぷり入れてもよし。
春らしく、生わかめ・あさり・みつばなどにしてもよし。
違う種類のみそを混ぜれば、新たな発見があるかもしれません♪

今年も「手前みそ」を作りました。
完成が楽しみです♪

 
みそ作り 煮大豆

みそ作り たいず潰し

旬のものちょこっと足し【 春 菊 】

春に黄色の花を咲かせ、葉の形が菊に似ていることから、「春菊」という名前がついているそうです。
さわやかで個性的な香りは、消化を促す働きもあります。

すきやきなど、鍋物料理のときに活躍する春菊。
やわらかい葉は、生でサラダにしてもおいしいです♪

春への移り変わりの時期。
いつものは違う食べ方で味わってみませんか。