月別: 2019年10月

セブンティーン・フィジーカー 2019/10/30(木)

IMG_3943

こんにちは!関口です。
「コンテストでは勝ってもガッツポーズはしない。それが礼儀、美徳」と思って実践しているつもりでしたが、関東の時の写真を見たら思い切りやっていました。まぁ嬉しい時はしちゃいますよね。むしろ来年はガッツポーズする事を目標にしたりして。日本一になって両手を突き上げて雄叫びを上げたいな!

さて、動画の方では軽くお伝えをしたのですが、私がアップしているYouTube(フィジーカーへの道シリーズ)を見てフィジーク競技に興味を持ち、来年の千葉フィジークデビューを考えている17歳の若き有望選手がいるんだよと友人から連絡を頂きました。

今のところYouTubeは自分のスマホとパソコンに元々入っているムービーで細々と配信している状態なので、画質もカメラワークも悪く、BGMも何もない手作り感満載の動画ではありますが、それでも見てくださった方がこうして何かを感じて行動してくださるのは本当に嬉しいです。17歳のフィジーカーさんありがとう。1度会ってみたいよ!

私はフィジーク選手の技術指導はしない(できない)というマイルールがあり、それは私自身がフィジーク競技1年生で人様に教えるなんてまだ早い…という事と、私がポージングを教わる先生の指導を見ていると「ホンモノ」を感じさせられ、尚更私はまだまだ…となる訳ですが、しかしそうはいっても私もこの競技が大好きで、今ではどっぷりハマっていますから、将来的にはコンテスト、競技、選手に関わっていきたいという思いも当然あります。

そのような訳で、若きフィジーカーさんに対して何か私が役立てる事があればいいなと思うこの頃です。
で、それをYouTube企画にさせてよ!なんて(笑)

犬の愛情泣ける話 2019/10/30(水)

gon5

こんにちは!関口です。

今年は年明けからずっとコンテストモードで瞳孔開き気味に過ごしてきましたが、シーズンも終わりようやく落ち着いた通常の生活が戻ってきました。
そんな中、ふと我が家の柴犬ゴン子を見ると毛がボッサボサ。き、汚い…。
もともと柴犬は抜け毛が多いのですが、そういえば最近ブラッシングもサボり気味だったよなぁ。。ごめんよゴンちゃん。

『犬は飼い主に対する愛情が日増しに強まる』という話をご存知ですか。
犬は飼い主と出会ったその日から飼い主を信頼してどんどん好きになりながら歳を重ねていくんですって。だから命がなくなるその瞬間は飼い主への愛情がMAXなんだ、という話。あぁ書いているだけで泣きそうだ(*ノωノ)

私は幼少の頃からいつも犬が傍にいましたので、歴代の犬を思い出してもそれを確信していますが、今パートナーとして一緒にいるゴン子に対しては特にそう感じます。
どんな時も私の事を無条件に信頼してくれて、時に心配するような複雑な表情をする事もあります。疲れている時やちょっと落ちている時はそれが分かるのか目の前に座って懸命に顔を舐めてきますし、どんなに帰宅が遅くなっても飛び起きて大興奮で出迎えてくれます。

考えてみたらゴン子はいつも私を想ってくれているんだなぁ(私がほったらかしなのにも関わらず)
……なんて考えたら急にゴン子を撫でまわしたくなりました。とりあえずブラッシングしてシャンプーして爪切りして、冬が来る前にゴン子が好きなドッグランでもいこうかな。

体づくりは人間づくり 2019/10/29(火)

こんにちは!関口です。

昨日は減量期間中にサボり続けていた諸々の事務的な作業をどうにかこうにか片付けました。書類の作成や計算が主ですが、この手の作業はその場その場で処理していかないと後々面倒な事になりますよね…。まぁ後回しにしたら訳が分からなくなるのは分かっちゃいるけどコンテストモード全開だったから(*ノωノ)ウウッ。

ただ一つ発見したのが、減量末期は非常に難解に思えた諸々の計算や書類の作成も、ちゃんとご飯を食べて寝ていれば割とすんなり出来るという事。逆に言えば減量末期は心身共に末期だったんでしょうね(゚∀゚)

コンテストで優勝するような人はこの辺りのバランスどうしているんでしょ。ちなみに僕はバランス取る能力腐ってますが、改善していかないといけませんね。。。各団体のチャンプはこの辺しっかりしているような気がしますので。
体づくりは人間づくりですねぇ!
がんばろ。

最近の雑感 2019/10/28(月)

こんにちは!関口です。

先日、トレーニング業界の先輩から「関口さんの行動力と瞬発力は見習う点がある」といったお言葉を頂きました(*^^)嬉しいっス!

行動力や瞬発力については特に意識する事はなく、ただ興味の赴くまま自然にしているだけですが、私は昔から速さには「考える速さ」「決断の速さ」「一歩目の速さ」「修正の速さ」と4つのフェイズがあると思っていまして、おそらく地頭の良い人や立場のある人だと「決断」と「一歩目」のフェイズでブレーキがかかるのではないかと思います。その点私は地頭がないですし、立場もないからそこに躊躇がないという単純な話ですね。

そんな私でも最近心境の変化がありまして。
以前は「走れるところまで走ってみて、力尽きたらそこでゲームオーバー」みたいな刹那的なイメージで、それ故いざとなればヤケクソで恐いものなしのフルスイング。でも今は「未来に向かって走ろう」みたいな末広がりなイメージで。同じ走るのでも今の方が断然楽しいです。何だか書いていて恥ずかしいですが、何となく意味伝わりますか?

今日のブログは本来書きたかった内容と全然違う着地になりましたが、怒りや不満からのエネルギーで走る時代が終わり、これからは感謝とか夢とか…そうしたエネルギーで走りたいと思うこの頃です、ハイ。

筋トレ塾、パーソナルトレーニングご予約。043-441-6775
筋トレ塾長日記