月別: 2017年10月

エンディングノート その2 2017/11/01

image1
皆さん、こんにちは。
ランニング好き鍼灸師・プレミアムフィットネス京成大久保トレーナーの丸山です。

先週の水曜ブログに書いていたエンディングノートが届きました。

早速、中身の目次を確認してみると・・・。

大きな項目として、
・はじめに
・自分のこと
・資産
・気になること
・家族・親族
・友人・知人
・医療・介護
・葬儀・お墓
・相続・遺言
・その他
となっていました。

さらに、各項目が細かく分かれており、この一冊を漏れなく記入できれば、もしもの時に、家族は困らないって思える内容です。

ページ数は約60ページほどですが、結構ボリュームもあるので、少しずつ記入していきたいと思います。

記入しながら、気づいたことなどがありましたら、改めてブログに書かせていただきます。

今回もお読みいただきありがとうございました。

丸山

話の持っていき方や伝える力 2017/10/31

maruetsu1

こんにちは!関口です。

先日リニューアルオープンしたマルエツ大久保駅前店。
私もよく利用していますが、店舗前の駐輪場を通る度に「このスペースは体操するのにちょうどいいな~」と思っていたんです。

で、ある日カートを整理していた初老の男性スタッフの方に「商店街でスポーツクラブを運営している者です」と名刺をお渡しして、「この場所で定期的に健康体操させて頂けませんか?御社にも私達にもメリットがあると思うんです」とド直球でお聞きしてみたところ、「個人スーパーじゃないからダメだよ」と即答されてしまいました。
取り付く島もない感じ…。

そう言われてしまってはどうしようもないので、一旦会社に戻って一人作戦会議した結果、「もしも相手が責任者レベルの人だったら話の展開が違ったんじゃないかナ」と思い、すぐにマルエツホームページ内のお問い合わせフォームから自己紹介と健康体操の提案文を送ってみたところ、数分後に本部の役員さんからお電話を頂き、お話をさせて頂きました。

結果的に「スペース貸し」はマルエツさんの一つの事業になっていて、既に1日幾ら~といった価格があるようでしたが、それは私としては話の入口で違う話になってしまうので、「駐輪場スペースでの健康体操」の件は一旦休眠させ、他の方法で相乗効果を出せれば~と検討する事にしたのですが、それにしてもカートを運んでいたスタッフさんと運営責任のある人物では、話の本質を捉える力といいますか直観といいますか、そうしたものが全然違う事を実感しました。

また一方で私のほうも話の持っていき方や伝える力(プレゼン力)、人の繋がり(ルート)構築、展開力がハチャメチャだったと実感した次第です。

そんな訳で、何か良い展開になるように動いてみます!!

マックス重量更新目指して 2017/10/30

2

IMG_0976

皆さまこんにちは。
446(ヨシム)吉村です。

今日の朝一体重81.2kg。

本日も朝からベンチプレスを行ないました。

今はマックス重量を更新できるように頑張っているのですが112.5kgから、ここ数週間伸びていません。

うーん、なんかもどかしいです(=_=)

話は変わりまして、昨日は夜にスクワットの練習を行ないました。

いま、フルスクワットのマックスは120kgなのですが昨日は高重量にして、15センチほどの可動域で行ないました。

150kgにセットしてセーフティバーを高めにセット。

1セット目は担ぐだけで精一杯でしたが、2セット目以降は重さに慣れてきて少しずつしゃがめるようになりました。

セットを終える毎に1段ずつセーフティバーを下げて、最後はハーフまで行なう事が出来ました。

たまには普段使わないような重量で行なう事も刺激が変わって良いですね。

徐々に慣れて、フルスクワットでも150kgが扱えるようにトレーニング頑張ります!

堺部さんセミナー! 2017/10/30

sakabesan2

sakabesan

こんにちは!関口です。
昨日は午後からお時間を頂きましてセミナーに参加してきました。

今回は100%ボディビルに関する内容で、講師はNPCJ代表の堺部元行さん。
世界で戦う現役ボディビルダーであると同時にコンテストプロモーターとしても辣腕を振るう堺部さんですが、私にとっては津田沼エンドージムの偉大なる先輩です。

そんな堺部さんセミナーのテーマは「コンテスト1週間前の調整法」。

ボディビルコンテストに向けた最終調整ではカーボディプリート、カーボアップ、ナトリウムカット、水分調整とやる事は多岐に渡りますが、意外と「いつから開始してどんな物を何分おきに何グラム食べればピークに持ってこれるのか?」という具体的な事は誰も教えてくれないもので、選手は皆それぞれ試行錯誤祖ながら毎回調整している感じなんです。

しかし試行錯誤しても「生理学的な反応では上手くいくはずなのに思った通りにならないな…」みたいな事は枚挙に暇がなく、教科書の知識だけではまさに机上の空論となるのがボディビル、人体の奥深さ。

ですからトップビルダー堺部さんの知識+経験値から生み出されたベストな調整法を知る事は大きな価値があります。

で、実際にお聞きした訳ですが、その内容は非常に具体的かつ明確なアプローチのオンパレードで、「こんなに細やかな調整をするのか!」と驚きました。
また同時に「体の具合を見ながらバランス良く食べて~」とか「人によって違うので~」みたいに保険を効かせたぼやかしのコメントはゼロで、「何を」「いつから」「何分おきに」「何グラム」と完全に言い切ってくれるところがさすがだなぁと改めて実感しました。

やっぱりプロの条件は「言い切る」ところですよね。

そんな訳で、教えて頂いた貴重な最終調整法は次回のコンテストで実践してみます!
堺部さん昨日はありがとうございました。
※写真は堺部さんブログからお借りしました。

クロスベンチ! 2017/10/29

2

こんにちは!関口です。
一昨日はヨシムと一緒に背中をトレーニングしました。

先日行なったデッドリフトでの疲労が抜けていませんでしたので、久しぶりに…というか初めてクロスベンチでのプルオーバーを行ないましたが、なかなか良い感じでした。

クロスベンチとは写真のようにベンチにクロスするように寝るのですが、そうするとベンチに接しているのは上背部のみとなり、自動的にストレッチが強くかかります。

バランスボールでプルオーバーしている感じに近いのですが、バランスボールだとどうしても思い重量を扱えないところをクロスベンチなら可能となり、ここが大きな違いです。

マシンや通常のプルオーバーでは感じられない前鋸筋や小胸筋への刺激がバシバシ入ります。

寝差しもそうですが、こうした昔ながらの種目もどんどん取り入れて細かな部分まで鍛錬していこうと思います。
来年絞った時にガラッと変わっていたらいいなぁ!!

加圧/パーソナル会員様のご予約はこちら047-403-2755
各コースのご予約はこちらから
BLOGS
スタッフブログ
食べて元気に!栄養管理士 ヨーコの健康ごはんレシピ
筋トレ塾長日記
ADVISOR
テクニカル池田佐和子-公式HP