月別: 2016年6月

メタリカ!! 2016/7/1

meta

こんにちは!関口です。

昨日、知人にお願いしていたフリーポーズ用のCDが届きました。

ボディビルコンテストでは予選を突破して決勝に進むと自動的に「フリーポーズ」というものがあり、1分以内で各自用意した音楽に合わせてポーズをとる時間があります。

近年はこのフリーポーズも審査の対象になりますので振り付けや構成も気を抜けません。

確か以前ブログで「フリーはアニメソングでも~」みたいな事を書いたような記憶がありますが、アニソンは単なるヤバいオタク野郎と思われる可能性がありますので熟考の結果却下しました。

で、結局何にしたかといいますと「Metallica – Hero Of The Day 」

そう、メタリカです。

昔メチャクチャ聴いていたので懐かしくてテンション上がるというのもありますし、いつ聴いてもメタリカはやはり「速くて」「重くて」カッコいいですよね。

ちなみにエンターサンドマンは私にとって欠かせない勝負曲です(笑)

そんな訳で、曲に負けない身体をつくっていきたいと思います!!

■頭を振って叫ばずにはいられないメタリカ/エンターサンドマンはコチラ(笑)

端くれとして矜持を持って… 2016/6/30

こんにちは!関口です。

先日、ポージング練習を終えた後、コーチをお願いしている近藤さんと思わず話し込んだ話題があるのですが、最近「筋肉をつけるためにはプールで泳いだり歩くだけでは不十分、やはり筋トレが必要だ」とか「筋トレ後はプロテインやアミノ酸がいいらしい。出来れば糖分も一緒に摂るのがが効果的」みたいなことがテレビで流れていたり新聞記事になったりしますよね。

で、この手の健康情報は昔からありましたが、最近は特に「筋トレ」がひとつのキーワードになっていますよね。

サルコペニアに伴うQOL(生活の質)の低下や健康寿命(何歳まで健康でいられるか)と平均寿命(何歳まで生きるか)の差を考えれば、やはり「筋トレ」を正しく啓蒙普及していく必要がありますし、他方で芸人さんのボディビル競技参加などで盛り上がっている面もあるかもしれません。

正しい筋トレ方法や効果的な栄養摂取やタイミング等が紹介されるのは良い事です。

…が、近藤さんと私が思わず「うむむ」と唸ったのは「筋トレの重要性」や「トレ後はプロテイン+糖」などの話は今から15年以上前から知っていたし言っていたしやっていたよね…という事です。

しかし、当時フィットネス業界にいた人達からはそういったボディビルダーの知識や経験則は「そんなのマニアック過ぎ。一般人には意味ない」みたいな扱いでクサいモノに蓋状態だったんですよね。。。
※少なくとも私のまわりは。

だからボディビル競技に出た事のある方ならば、最近出て来る健康情報を見聞きした時に「え?今になってそれを声高に言うの!?」みたいな感覚になってしまうのはご理解頂けるのではないでしょうか。

情報の発信力とか影響力とか実行力とか色々考えさせられましたが、何にしても我々ボディビルダーの知っている事、普通にやっている事が世に出た時に「価値あるコト、モノ」として認知されるかどうかは完全に私次第だと思いました。

私は別にボディビルダー代表でもなんでもないのですが(笑)、ハシクレの一人として矜持を持ってこれに取り組んでいきたいと思います。

番外編 夏バテ対策は梅雨時から ~日々の眠りを振り返る~

 
“暑さを乗り切るためには~梅干し、レモン、すいか、甘酒、豚肉!・・・”
などなど、夏バテ対策について見聞きすることが多い時期となりましたが、
今回は、食事同様、毎日繰り返される「眠り」についてです。

 
日中に起きた体内の変化を元に戻すのが「眠り」の役割。
質の悪い眠りが続いてしまうと、疲れは溜まる一方です。
 

そこで、セルフチェック!
『朝起きたら、横になったまま脈拍を計ってみましょう!』
個人差はありますが、疲労が残っていると朝起きた時の脈拍数が増える傾向があります。
数日で回復すればよいですが、普段より高い数値が週単位で続く場合は、
疲労回復が追い付いていないサインかもしれません…
 
・遅くまで携帯電話の画面を見ている
・いつまでもだらだら起きている
など、眠りを妨げる出来事・行動はなかったか振り返り、
すぐ出来ることから改善していくのが、
夏バテ・熱中症にならない体づくりの土台となります。

walk04c

 

手首に人差し指・中 指・薬指を当てて1分間の脈拍数を数えます。
30秒間の脈拍数を2倍にした数値でもOKです。

suimin_man

7月~9月にかけては、
湿度が高く、不快な状態が続く→疲れやすくなる→内臓機能の低下→長期的な栄養不足...
このように、段階的に疲れが溜まります。

早めの対処で、暑い夏を乗り切りましょう!

 

夏を感じる 2016/06/29

s

皆さん、こんにちは。
ランニング好き鍼灸師・プレミアムフィットネス京成大久保トレーナーの丸山です。

梅雨真っ只中で、気分も暗くなりがちですが、皆さんは、どういったことで夏を感じますか?

6月上旬の柴又ウルトラマラソンの応援途中におたまじゃくしを発見しました。

自宅の近所には田んぼがなく、おたまじゃくしは数年ぶりに見ました。

子供の頃、田舎でおたまじゃくしを探していたことを思い出し、なんだか心が癒されました。

皆さんも、ぜひ、この時期ならではの夏を探してみてください。

今回もお読みいただきありがとうございました。

丸山

独り言です、独り言。 2016/6/29

こんにちは!関口です。

フリー、アルバイト、社員といった雇用形態に関わらず、フィットネス業界で働くトレーナーで「自分のジムを開きたい」という人は多いですよね。

個人でパーソナルジムを開くだけならリスクも少ないですし、極端な話「やる」と決めたら3ヶ月後にはオープン出来るくらいの話だと思うのですが、しかし本当に「やる人」というのは極めて少ないすよね、やっぱり。

多分ですが、「ジムを開きたい」または「独立したい」と人に相談する時というのは、心のどこかで少なからず「あなたならきっと上手くいく!」と言われたい気持ちがあるのではないでしょうか。

背中を押されたいというか。
太鼓判が欲しいというか。

しかし現実的にはどんなに地頭が良くても事業計画が秀逸でも、結局のところ「やってみなければ分からない」ですから、やる前から上手くいくかどうかなんて誰にもわかるハズがありません。

もしかしたら上手くいくかもしれないし、鳴かず飛ばすかもしれませんし…って身も蓋もありませんが。

更に言えば「当初の計画通りに上手くいかなかった…ガッカリ…」の先には予期していなかった「もの凄く良い展開」が待っている事もあるでしょうし、その逆もまた然りで、「上手くいったぜ~!」と思ったのもつかの間、あまりの多忙で「こんなはずじゃなかった…」なんて事もあるでしょうしね(←パーソナルジムはこれけっこうあるような)

そんな訳で、今1階にいるとしたら、2階から眺めた時の景色や気持ちは2階に行かないと絶~対に分からないんですから、まずは全力で2階に行ってみて、3階に行くかどうかはそこでまた考えたらいいんじゃないでしょうか。

アレコレ言ったり考えていたって何も変わらないんだからねっ!

…と、思った次第です。

今日は久しぶりに調子乗った事書いたな、ウン。

まぁ、独り言です、独り言。

加圧/パーソナル会員様のご予約はこちら047-403-2755
各コースのご予約はこちらから
BLOGS
スタッフブログ
食べて元気に!栄養管理士 ヨーコの健康ごはんレシピ
筋トレ塾長日記
ADVISOR
テクニカル池田佐和子-公式HP