関口貴夫の筋トレ塾長日記

今日は大風呂敷を広げてみました 2015/6/27

集合

こんにちは!関口です。
先日参加させて頂いたグループコンサルでは「Dr.筋トレ塾」について私が思い描いている今後の展開をプチ発表する機会がありました。
※写真は本文と全然関係ありません。珍しいメンバーだったのでつい(笑)

過去に何かで書いたかもしれませんが、私はこのDr.筋トレ塾をここ千葉県習志野市大久保で必ず成功させ、長州力ではありませんが「Dr.筋トレ塾が業界のど真ん中である事」と「ビジネスモデルとして成り立っている事」の証明として、自前でもう一店舗出したいと考えています。

で、その先は「シンプルな筋トレで確実に筋力を高め、10年前の若さを取り戻す」というDr.筋トレ塾が実現したい世界観と価値に賛同してくれる方が将来独立や起業された際に使ってもらえる魅力あるコンテンツにしたいと考え日々磨き上げています。

また、Dr.筋トレ塾のビジネスモデル、つまり料金やスタッフの人数、訴求内容等のしくみだけを真似るのは簡単なのですが、私はDr.筋トレ塾の参入障壁は意外と高く、これは今後ますます高く出来ると確信しています。

何故か。

それは、Dr.筋トレ塾のスタッフは全員コンテストビルダーで構成していくからです。←ネタ的に笑われますがこれ本気です。
ボディビルでもフィジークでもパワーリフティングでもアームレスリングでも大歓迎ですが、要するに「自らがコンペティター」という事で、極限まで筋トレをやった者だからこそ、お客さまにはシンプルに分かりやすくお伝えできるってのは絶対ありますからね。
どの世界でも強い人は優しいものですよ。うんうん。

で、大風呂敷。
私は最終的にそんなDr.筋トレ塾を100店舗やりたいと思っているんです。

「なんで100店なの?30店舗じゃダメなの?」と聞かれれば30店舗でもいいのですが(笑)、私はジムで働き始めた15年以上前から既存のフィットネスクラブのジムのあり方はちょっと違うし、グレーな部分が多いと思っていて(詳しくはプレミアムフィットネス誕生の理由を見てください(*´ω`))、そんな私がたどり着いたのがDr.筋トレ塾なんです。

ですから「ど真ん中」とは私の中でのど真ん中、という意味です。

…とはいえ、現実的には私がいくら「これがど真ん中だ~」と一石を投じてみても、それは業界全体から見れば小さな小石に過ぎず、さざ波にもならないのは分かっています。

しかし、そんな小石を100人が投げたらどうでしょう。

1石×100人。

無視できないひとつのムーブメントとなるのではないでしょうか。
少なくとも「シンプルな筋トレで確実に筋力を高め、10年前の若さを取り戻す」という価値をより多くのお客様に提供できますからね。

やりたいなあ!
そんな訳で、Dr.筋トレ塾を習志野市大久保でピッカピカに磨き上げておきます。

加圧/パーソナル会員様のご予約はこちら047-403-2755
各コースのご予約はこちらから
BLOGS
スタッフブログ
食べて元気に!栄養管理士 ヨーコの健康ごはんレシピ
筋トレ塾長日記
ADVISOR
テクニカル池田佐和子-公式HP

今日は大風呂敷を広げてみました 2015/6/27

集合

こんにちは!関口です。
先日参加させて頂いたグループコンサルでは「Dr.筋トレ塾」について私が思い描いている今後の展開をプチ発表する機会がありました。
※写真は本文と全然関係ありません。珍しいメンバーだったのでつい(笑)

過去に何かで書いたかもしれませんが、私はこのDr.筋トレ塾をここ千葉県習志野市大久保で必ず成功させ、長州力ではありませんが「Dr.筋トレ塾が業界のど真ん中である事」と「ビジネスモデルとして成り立っている事」の証明として、自前でもう一店舗出したいと考えています。

で、その先は「シンプルな筋トレで確実に筋力を高め、10年前の若さを取り戻す」というDr.筋トレ塾が実現したい世界観と価値に賛同してくれる方が将来独立や起業された際に使ってもらえる魅力あるコンテンツにしたいと考え日々磨き上げています。

また、Dr.筋トレ塾のビジネスモデル、つまり料金やスタッフの人数、訴求内容等のしくみだけを真似るのは簡単なのですが、私はDr.筋トレ塾の参入障壁は意外と高く、これは今後ますます高く出来ると確信しています。

何故か。

それは、Dr.筋トレ塾のスタッフは全員コンテストビルダーで構成していくからです。←ネタ的に笑われますがこれ本気です。
ボディビルでもフィジークでもパワーリフティングでもアームレスリングでも大歓迎ですが、要するに「自らがコンペティター」という事で、極限まで筋トレをやった者だからこそ、お客さまにはシンプルに分かりやすくお伝えできるってのは絶対ありますからね。
どの世界でも強い人は優しいものですよ。うんうん。

で、大風呂敷。
私は最終的にそんなDr.筋トレ塾を100店舗やりたいと思っているんです。

「なんで100店なの?30店舗じゃダメなの?」と聞かれれば30店舗でもいいのですが(笑)、私はジムで働き始めた15年以上前から既存のフィットネスクラブのジムのあり方はちょっと違うし、グレーな部分が多いと思っていて(詳しくはプレミアムフィットネス誕生の理由を見てください(*´ω`))、そんな私がたどり着いたのがDr.筋トレ塾なんです。

ですから「ど真ん中」とは私の中でのど真ん中、という意味です。

…とはいえ、現実的には私がいくら「これがど真ん中だ~」と一石を投じてみても、それは業界全体から見れば小さな小石に過ぎず、さざ波にもならないのは分かっています。

しかし、そんな小石を100人が投げたらどうでしょう。

1石×100人。

無視できないひとつのムーブメントとなるのではないでしょうか。
少なくとも「シンプルな筋トレで確実に筋力を高め、10年前の若さを取り戻す」という価値をより多くのお客様に提供できますからね。

やりたいなあ!
そんな訳で、Dr.筋トレ塾を習志野市大久保でピッカピカに磨き上げておきます。